aka) Author: Christian Davén Version: 2.0 Author URI: http://www.daven.se/usefulstuff/ */ # adds an options page to the options menu function SUP_add_options_page() { if(function_exists("add_options_page")) add_options_page("Smart Update Pinger", "Smart Update Pinger", 5, basename(__FILE__), "SUP_show_options_page"); } # shows the options page function SUP_show_options_page() { $ping = get_option("SUP_ping"); $uris = get_option("ping_sites"); $pingservicesnow = "今すぐ ping を送信!"; if(isset($_POST["ping"]) && $_POST["ping"] == $pingservicesnow) { SUP_log("手動で ping を送信中 ..."); SUP_ping_services(); } elseif(isset($_POST["submit"])) { $uris = $_POST["uris"]; $ping = 0; if($_POST["ping"] == 1) $ping = 1; update_option("SUP_ping", $ping); update_option("ping_sites", $uris); echo '

設定を保存しました.

'; } $checked = ''; if($ping == 1) $checked = 'checked="checked"'; echo '

ping 送信先のサーバ

以下に登録されている ping サーバへは記事を投稿する際,自動的に ping 送信や更新通知がなされます。WordPress が通常行うような,以前書いた記事の編集時ではありません

注意: このリストは オリジナルのアップデートサービスリストと同期します。.

複数サーバを登録する際は改行で URI を分けて下さい

Ping 送信ログ

このプラグインのログです(下に行くほど新しいログです)

'.SUP_get_last_log_entries(20).'

'; } # telling WordPress to ping if the post is new, but not if it's just been edited function SUP_ping_if_new($id) { global $wpdb, $post_title; if(get_option('SUP_ping') == 1 and get_option('ping_sites') != "") { # fetches data directly from database; the function "get_post" is cached, # and using it here will get the post as is was before the last save $row = mysql_fetch_array(mysql_query( "SELECT post_date,post_modified FROM $wpdb->posts WHERE id=$id")); # if time when created equals time when modified it is a new post, # otherwise the author has edited/modified it if($row["post_date"] == $row["post_modified"]) { if($post_title) SUP_log("Pinging services (new post: “".$post_title."”) ..."); else SUP_log("Pinging services (新規の記事の投稿) ..."); SUP_ping_services(); # Try commenting the line above, and uncommenting this line below # if pinging seems to be out of order. Please notify the author if it helps! # generic_ping(); } else { if($post_title) SUP_log("NOT pinging services (“".$post_title."” の設定が変更されました)"); else SUP_log("NOT pinging services (記事が編集されました)"); } } else SUP_log("NOT pinging services (管理者が ping 送信を無効にしています)"); } # More or less a copy of WP's "generic_ping" from functions.php, # but uses another function to send the actual XML-RPC messages. function SUP_ping_services() { $services = get_settings('ping_sites'); $services = preg_replace("|(\s)+|", '$1', $services); // Kill dupe lines $services = trim($services); if ( '' != $services ) { $services = explode("\n", $services); foreach ($services as $service) SUP_send_xmlrpc($service); } } # A slightly modified version of the WordPress built-in ping functionality ("weblog_ping" in functions.php). # This one uses correct extendedPing format (WP does not), and logs response from service. function SUP_send_xmlrpc($server = '', $path = '') { global $wp_version; include_once (ABSPATH . WPINC . '/class-IXR.php'); // using a timeout of 3 seconds should be enough to cover slow servers $client = new IXR_Client($server, ((!strlen(trim($path)) || ('/' == $path)) ? false : $path)); $client->timeout = 3; $client->useragent .= ' -- WordPress/'.$wp_version; // when set to true, this outputs debug messages by itself $client->debug = false; $home = trailingslashit( get_option('home') ); # the extendedPing format should be "blog name", "blog url", "check url" (whatever that is), and "feed url", # but it would seem as if the standard has been mixed up. it's therefore best to repeat the feed url. if($client->query('weblogUpdates.extendedPing', get_settings('blogname'), $home, get_bloginfo('rss2_url'), get_bloginfo('rss2_url'))) { SUP_log("- ".$server." への ping 送信が成功しました (拡張フォーマット)"); } else { # pinging was unsuccessful, trying regular ping format if($client->query('weblogUpdates.ping', get_settings('blogname'), $home)) { SUP_log("- ".$server." への ping 送信が成功しました"); } else { SUP_log("- ".$server." への ping 送信が失敗しました。 以下のエラーメッセージが返されました: “".$client->error->message."”"); } } } $post_title = ""; # Receives the title of the post from a filter below function SUP_post_title($title) { global $post_title; $post_title = $title; return $title; } # ----- # Log stuff $logfile = ABSPATH."wp-content/smart-update-pinger.log"; # for debugging function SUP_log($line) { global $logfile; $fh = @fopen($logfile, "a"); @fwrite($fh, strftime("%D %T")."\t$line\n"); @fclose($fh); } function SUP_get_last_log_entries($num) { global $logfile; $lines = @file($logfile); if($lines === false) return "Error reading log file (".$logfile."). This could mean that the wp-content directory is write-protected and no log data can be saved, that you have manually removed the log file, or that you have recently upgraded the plugin."; else { $lines = array_slice($lines, count($lines) - $num); $msg = ""; foreach($lines as $line) $msg .= trim($line)."
"; return $msg; } } # ----- # adds a filter to receive the title of the post before publishing add_filter("title_save_pre", "SUP_post_title"); # adds some hooks # shows the options in the administration panel add_action("admin_menu", "SUP_add_options_page"); # calls SUP_ping whenever a post is published add_action("publish_post", "SUP_ping_if_new"); # calls SUP_ping_draft when changing the status from private/draft to published # add_action("private_to_published', 'SUP_ping_draft'); # removes the "WordPress official" pinging hook remove_action("publish_post", "generic_ping"); # activates pinging if setting doesn't exist in database yet # (before the user has changed the settings the first time) if(get_option("SUP_ping") === false) { update_option("SUP_ping", 1); } ?> 新製品レポート | 空IKE飛行機! Blog - Part 3

アーカイブ

‘新製品レポート’ カテゴリーのアーカイブ

プラモの自費出版? 青空モデルのF-23S 製作記

2009 年 6 月 11 日 コメントはありません

え〜静岡まで10日切りましたね・・・
GWもアッちゅう間に終わりで、思った程製作が進まなかったですが、アレもコレもまだ諦めてないスよ(^^)

さらに新しいのに手を出す余裕は無い筈・・・なんですが、今を逃すといつその気になるか判らないキットが入手出来たので優先で製作する事にしました。
・・・と言うのも、秋のP144にも参加された青空モデルさんのF-23S、今年の静岡になんとか発売が間に合いそうとの事で、ご本人にシツコクお願いしてテストショットを譲って頂きました。
それにしても個人で金型設計したキットを発売出来るなんてウラヤマシイ限り。その勇気と情熱に脱帽です。
価格も1機入りで2500円と、普通のインジェクションキットに比べると高く感じますが、レジンキットに比べたら安い!ですヨ。
私も静岡で完成品を展示して、すこしでも青空モデルさんを応援出来れば・・・と思います(^^)

架空機とは言え個人的に大好きなYF-23ベース、もしもラプターじゃなくてこっちが正式採用されてたら?と言った設定だと思いますが、パッと見の印象はYF-23ですが、よく見るとレイアウトや各所の形状はかなりリファインされています。


パーツの試作品を送って頂いたパッケージです。
通販にも対応出来る様、丈夫な段ボール箱入りです。
製品版は箱絵が変わるそうですが、これでも充分なんじゃ?と思える内容です。


内容はランナーパーツ1枚、インストにデカール、塗装図となっています。
薄くてシャープな各翼縁、細くて綺麗なスジ彫りと勘合性の良さは、やはりインジェクションならではです。


今回は実機も無い事ですし、あちこち作り込んでどーこーよりも塗装で目立つ作戦なのでさらっと組みます。
2機を飛行形態にするのでシャープな脚柱&タイヤパーツは今回出番無し(^^)
インテイク内部の上面側はプラ板貼って平らに塞ぎました。(右が加工後)
ノズルまで筒抜けですがそっちはお構い無しです。


曲面構成の脚扉もピタリ合います。キャノピーはクリアパーツじゃないのですが、どうもカメラやセンサでモニタすると言う設定の様です。もしかすると20G位のムチャな機動が可能な遠隔操作の無人機かも(笑)


基本的には上下貼り合わせて尾翼とキャノピー付けたら終わりなのでアッちゅう間に形になります。
レジンキットと違い、個人的に大嫌いなペーパーの整形作業が無いのは大助かりです。


問題のマーキングはコレです。
じつは7年前?出戻りプラモ始めた頃に考えたデザインを焼き直ししました。そん時は72でイタレリのキットをがらんどうさんのフェイクコンでやるつもりでしたが、特にインテイク回り等、下面の面構成が違ってるのを無視出来ずドロ沼化して蜜柑になってます(j_j)

バーズのデザインは誰が何と言おうと現行のF-16が最高!なのですが、全体のモチーフはF-16をパクりつつも下面にグラデーション入れたり、鳥の羽もステルスっぽくしてみました。
垂直尾翼が無いとポイントが絞れず、機体後半部のまとまりがイマイチな気はしてます。
完成までにあちこち変えるかも・・・ですが、取りあえず形にはしたよ〜ってコトで。

がらんさん主催の”Fake Aircraft Base” 静岡HS展示は懐かしの2003年、記念すべき我が静岡HS初体験で、こん時はまだ48スケールバリバリ・・・作ろうと思ってせっせと積んでました(笑)
ニンゲン、スケール変わってもヤル事はおんなじ(j_j)

実際にはF-8のブルーエンジェルズでっち上げたんですが、
ニンゲン、作る機体が変わっても考える事はおんなじ(^^)

結局TバーズではF-15も使われなかったし、昨今の事情を考えるとラプターもバーズで採用は無いでしょね。
そうなると将来バーズもブルーズもF-35使用・・・てコトになるのでしょかねぇ〜?
ナンかあまり燃え無い気が・・・(笑)

尚、このF-23Sのキットに関しての詳しい情報は青空モデルさんの公式サイトをご覧下さい。

宇宙機模型専門誌!Real Space Modeller 創刊だそうで・・・

2009 年 6 月 5 日 コメント 5 件

Real-Space-Modeller
え〜、念のため言っておきますがフェイクじゃないです。
ちゃんとイギリス人が7月に出す宇宙機専門の雑誌みたいです。
リアルスペースってコトはSW物やエイリアンは抜きってコトで、イギリス人もやるじゃん。(^^)
・・・いやSWやエイリアンが嫌いって訳で無く(むしろ大好きなんですが)、リアルとSFは分けたいかなと・・・でも計画機とか入れ出すとドンドン境界がボケて来ちゃうし、難しいだすなぁ。

Sci.fi & Fantasy Modeller
この出版社は今までに”Sci.fi & Fantasy Modeller”なるSF・特撮関係の模型誌も出している様ですが、私は全然知りませんでした。
サンダーバードとかシービュー号とか、興味深い作品が沢山載ってそうですが、ざっと内容が確認出来るお店って無いですかね?
この手の雑誌はどう言う店に置いてあるのかも良く解りませんし・・・
日本の模型誌にはまず取り上げられないFantastic-plasticのキットなどが沢山載ってそうな予感。(^^)

話が逸れましたが”Real-Space-Modeller”の内容。
yudu.comのページから13
ページ程の記事内容が確認出来ます。フルカラーでテキストも読める解像度って事は、内容に関する自信の表れと捉えて良いのでしょう・・・かね?
当然英文だし、どうせ買うつもりだから内容はまだ読んでませんが、モノグラム1/144のサターンVとか1/48月着陸船その他、メジャーなキットは網羅されている様です。
と言う事はメジャーなキットが決して多いとは言えない宇宙機の雑誌故、Vol.2以降の内容も心配になります・・・ま〜基本的にスクラッチ中心で濃い作例をじっくりやっていって欲しいかなと思います。(^^)
個人的にはジェミニの作例、かなり興味深いです。
Real-Space-Modeller Jemini

出版元のSci.fi & Fantasy Modellerで予約購入が出来る様です。
何と言っても↓この広告ポスターのセンスが最高!なので貼っときます。さ〜今年の夏は皆でリフトオフ!デス。
タミヤのアポロ宇宙船も再販になるし・・・雑誌でも沢山取り上げて貰って盛り上がりたい所ですがね〜(^^)
今から発売が楽しみです。
Real-Space-Modeller poster

Rocketeer DecalとインシグニアブルーとIL-76T

2009 年 3 月 28 日 コメントはありません

静岡HSも分読み?段階くらいまで近づいて来ましたね。
トムその他お手つきキットに関しては、3月頭の出張やら確定申告やらでほとんど進捗してません・・・なので先日購入したRocketeer Decalの紹介でもさせて頂こうかと(^^)
制作者のRocketeerさんはマイミクでもあるKWAT氏の紹介で知ったサイトなのですが、オリジナルのデカールを販売されているモデラーさんなのです。
現時点では3種が販売されているのみですが、今後月に2点程のペースで新作が発売されるらしいので私も多いに楽しみにしてます。
で、↓今回購入した1枚、72/144兼用の米軍国籍マークです。

144スケールで60、70、80inch(72スケールでは倍の30,35,40inになる寸法)のインシグニアが12〜14個セットになっています。
ま〜60in以上のインシグニアと言うとどうしても爆撃機や大型の機体になるので、どちらかと言えば72用途なのでしょうね。
印刷はaviprint製と言う事ですが、印刷もシャープでニスフィルムもかなり薄く、さすがにカルトには負けますがニスの余白も少なめで貼っても目立たなそうです。
で、今回興味があったのは一度刷り上がったのに色味が気に入らなくてボツ出ししたと言う紺の色味だったんですが、こだわっただけ有ってかなり良い色加減だと思います(^^)


インシグニアブルーはFSで言うと15044・・・らしいのでチップと比べてみたりして・・・
チップで見ると15044なんて紺と言うよりも黒に近く見えますね。
実は人間の目というのは、大きい色面よりも小さい色面の方が暗く、彩度が低く感じるんですが、これは良く言われる空気遠近法的なスケールエフェクトとはまた違った意味なんスね。
ちなみに空気遠近法てのは、遠くにある物は彩度が低く明るめに見える事を逆利用して、縮尺模型に本物よりも褪せた&明るめの色を塗れば実際よりも遠くにある様に錯覚し、実際よりも大きく感じる=おお〜リアル!と言う物です・・・よね?

それとは別に色面積の大きさでも明るさ/鮮やかさの感じ方は違うと言う事は模型誌等でもあまり触れられていない気がします。
皆さんは塗料を自分で調色した時に、チップに試し塗りしたときはOKと思ったのに、実際に塗ってみたら思ったより派手だった/明るかったと言う経験ありませんか?
こうした錯覚を実感したい方は、DICでもPANTONEでもFSでもクレオスの見本帳でも良いですから、手持ちのカラーチップと身近な物を比べる事で納得出来ます。
例えば部屋の壁紙やクルマなど、すこし離れた所にある単色の大きい物体の色に一番近いと思われる色を動物的カンを頼りにカラーチップで選び、実際に対象物にあてがってみて下さい・・・たぶん実際は選んだ色より濃く(暗く)て彩度も低いはずです。
模型誌ではこうした色面積による錯覚も空気遠近と一緒にしてスケールエフェクトと呼んでいる様に感じますが、厳密に言うと違うんじゃ無いスかねぇ〜と言うゴタクでした。脱線スマソ


肝心のロケッティアデカールの色味ですが、デジカメ画像だと区別が付きにくいので補正した画像が↑です。
比較用にプラッツのP-47のデカールも置いてますが、ロケッティアのインシグニアブルーはFSと明度はほぼ同じ、彩度が少し高めに(鮮やかに)なっています。白部分はほんの僅かにくすんだ感じで、真っ白に見えるがまぶしく感じる程では無いと言う微妙なトコロを突いてます(^^)
多分これも厳密な指示があったのだろうと想像されます。

プラッツ(スウィートのデカールもほぼ同色)のインシグニアブルーはさらに明度/再度とも高めで、白も眩しい程真っ白です。
1/144と言う小さいスケールでは(特にクレオス等のビン生を塗る前提とした場合は)、これくらい鮮やか&明るめにしないと映えないでしょうし、実際に貼って見ても特に違和感はありませんよね。
キット付属のデカールと言う事もあり、ひたすら印刷のキレと貼ったときのシャープ感を追求した結果がプラッツやスウィート付属のカルトデカールに反映されているのでしょうね。
ところが先日のF6F等、全面シーブルーの機体など作ってみると、逆に機体色の方をかなり鮮やか目に持っていかねばデカールだけ浮いてしまい、違和感が出るのが悩みドコロでありました。
こうした機体や、派手なウェザリングをしたり退色表現をする場合には、ロケッティアデカールの色味はピッタリ来る気がします。

この後ロケッティアさんから、戦闘機クラスに使えるサイズのインシグニアも予定があるそうなので心待ちにしてます。
個人的には黒部分が真っ黒じゃなくてダークグレーで刷ってあるスケールエフェクトデカール?てのも、ず〜と以前から出ないかな〜と思ってるんですがダメ元で出してくれないですかね(笑)
尤も黒が締まっていないと一気に目寝ぼけた印象になるので、印刷物としてのデカールにとっては致命的?で、とても売れない代物になりそうですけど・・・


ついでに購入したもう一枚のシートをば(^^)
なんと144のイリューシンIl-76用ですよダンナ!
こんなマイナーな機体のマイナーなカラーリング、私なんかデカールで初めて知りました(笑)
確かにロゴタイプがとてもカッコ良く決まってるのですが、デカール貼る為の土台(トランペッターのキットはしっかり積んでます)作りが大変そう・・・(^^)


なんせググッてもロクにヒットしませんからね(^^)
天下のAirliners Netでも数枚しかヒットしません(笑)
しかしこの機体、トーネードみたいにバカでかい垂直尾翼が何ともスペマ向きですねぇ・・・

ご紹介ありがとうございます!
無事お手元に届いたようでほっとしました。
詳しい検証、ありがとうございます。ちょっと冷や汗?ですが(笑
残念ながら白はほとんど指定が効かないんですよね。
インシグニアブルーは悩みどころです。最初スケールエフェクトを考慮したインクを指定したんですが、明るくなりすぎてしまいました。人によって塗装の考え方はまちまちだろうと考え那青し、出来るだけオリジナルに忠実にしようと思いました。ちなみにカラーチップ類は、自然光でオリジナルの発色になるように出来ているので要注意。
これからもできるだけユニークなもんをリリースしたいと思ってますので、是非よろしくお願いします。rocketeer2009/03/28 21:56:52つい先日FS15042で悩んだ私が来ましたよ(笑)

>大きい色面よりも小さい色面の方が暗く、彩度が低く感じる
そぅそぅ、空気遠近とごちゃ混ぜにしてスケールエフェクトって
言っちゃってますよね。
さらに光源で見え方も変わるしね。 イマドキの蛍光灯は希土類の
蛍光体を多く使っているので、特に赤が鮮やかに見えすぎる傾向に
あります。

まぁ、大人な私は、イメージ優先で好き勝手な色を塗ってます(笑) 鮮やかな白はフィルタリングで落ち着かせてます。ZiMBa2009/03/28 22:17:26>rocketeerさま
発送が早くて驚きました(^^)
酒飲み話みたいに好き勝手に書かせて頂いて恐縮ですが、1枚でも注文が増えてくれれば良いなぁと思ってマス
今後のリリースを楽しみにさせて頂きます。

Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes