アーカイブ

‘青空モデル’ カテゴリーのアーカイブ

今年もユルリと・・・NASAデカールとTowing Tractor

2010 年 1 月 2 日 コメント 4 件

あけましておめでとうございます
12月は全く更新しませんですいませんでした。
クリスマスにはサンタ来なかったし(いつもだけど)、普段は買わない年末ジャンボ10枚買ってもちろんスカ(番号確認もすぐ終ってドキドキする間もないのでビンボ〜人は連番で買っちゃダメね)、年始早々安酒飲んで2日酔いですから今年もツイてない様です。 ナンデャネン!!∑ヾ(o`д´o)ノ
ま〜本年も相変わらず気分で更新して行きますのでテキトーにおつき合い下さいまし(^^)

さて取りあえず年末に入手したアイテムご紹介です。
ロケッティアデカールさんの144スケール、F-104用NASAデカールざんす。rocketeer decal F-104 NASA
今回のデカールはNACA時代を含めてNASAで使用された歴代F-104のA,G型ほぼ全てのマーキングが再現出来るフルセットざんス。
なんと12ページのカラーインストが付属で、コレを見てるだけで心洗われます(^^)
NASA仕様ですから様々な実験/試験目的に会わせた小改造が施された機体も多いのですが、その辺りの説明もインストに寸法入りできっちりフォローされていますので、ほほぅ〜ナルホドォ!とか思いながら楽しく読みましょう(^^)

rocketeer decal F-104 NASA inst
コレが豪華なインスト群です。
ロケット付きのNF-104はもちろんとして、チェイサーとして使用された蛍光オレンジ帯のハデな奴とか、シャトル、X-15のチェイサー仕様等・・・も〜どれ作るか決めきれない状態でス。
良くあるYES/NO 判断テストみたいな「あなたにピッタリな機体はコレ!」とかも付属してたらさらに嬉しいのに。
オイッ!ヽ(`Д´)ノシ

rocketeer decal F-104 NASA detail
国籍マークが擦れて不良品だぁ〜 (ノTДT)ノアウゥゥ〜・・・と思いきや
空力加熱/衝撃波試験に使用された実機の再現だったとか(笑)
塗装の擦れ剥げまでデカールで描いてあるので貼るの楽しそうです(^^)

続いて青空モデルさんの1/144 3.0t Towing Car です。
オリジナルインジェクションキットの2作目・・・無事に発売されてナニヨリでス(^^)
aozora model Towing Car

キットは2台入りで、ランナー1枚にまとめられたいつも通りカッチリしたパーツが小気味良いです(^^)
インストによると水戸重工製の車輛と言う事なんですが、ググっても何もヒットしないので詳しい事解る方ご教示よろしくお願い致します。一般的にはTow Tractorと呼ばれている様ですね。
この辺まったく詳しく無いのでてっきりオリジナルデザインかと思ってました・・・フォルムもすっきりしてますし、と言うかすっきりしすぎて逆にコンセプトカーの様な印象を受けるので個人的にあまり現実味を感じないんですが(^^)

aozora model Tow_bar
年始の一発目&リハビリには丁度良さげなので早速組んでます。
青空さんのサイトではヒケの箇所に至るまで細かーく紹介されてますが、普通にさっくり組めますよモチロン。
大体ワタシ面度臭いからヒケとかあまり気にしないし・・・普段から「塗ってみて目立ったらツヤ落とせば良いじゃんかぁ〜」と言うスタンスなんで(笑)
Tow barは残念ながら付属しませんが説明書に原寸図があるので素直にプラ材で作りました。
この形状だと前脚が単輪のF-15とか16、F-2用なんでしょうね。ファントム等の前脚がダブルの機体には別形状を考えないといけませんね。まぁ空軍機ではあまり無いか・・・
NAVYでは牽引してない時はこのBarや拘束チェーン等をトラクターに積んで運んだりしてますが、この車輛は上面がフラットでないしあまり物を積むスペースも無さそうで、実際はどう運用しているのか気になる所です。

でわ、そろそろ接着剤も乾いた頃なので塗装に入るとします・・・(^^)

プラモの自費出版? 青空モデルのF-23S 製作記

2009 年 6 月 11 日 コメントはありません

え〜静岡まで10日切りましたね・・・
GWもアッちゅう間に終わりで、思った程製作が進まなかったですが、アレもコレもまだ諦めてないスよ(^^)

さらに新しいのに手を出す余裕は無い筈・・・なんですが、今を逃すといつその気になるか判らないキットが入手出来たので優先で製作する事にしました。
・・・と言うのも、秋のP144にも参加された青空モデルさんのF-23S、今年の静岡になんとか発売が間に合いそうとの事で、ご本人にシツコクお願いしてテストショットを譲って頂きました。
それにしても個人で金型設計したキットを発売出来るなんてウラヤマシイ限り。その勇気と情熱に脱帽です。
価格も1機入りで2500円と、普通のインジェクションキットに比べると高く感じますが、レジンキットに比べたら安い!ですヨ。
私も静岡で完成品を展示して、すこしでも青空モデルさんを応援出来れば・・・と思います(^^)

架空機とは言え個人的に大好きなYF-23ベース、もしもラプターじゃなくてこっちが正式採用されてたら?と言った設定だと思いますが、パッと見の印象はYF-23ですが、よく見るとレイアウトや各所の形状はかなりリファインされています。


パーツの試作品を送って頂いたパッケージです。
通販にも対応出来る様、丈夫な段ボール箱入りです。
製品版は箱絵が変わるそうですが、これでも充分なんじゃ?と思える内容です。


内容はランナーパーツ1枚、インストにデカール、塗装図となっています。
薄くてシャープな各翼縁、細くて綺麗なスジ彫りと勘合性の良さは、やはりインジェクションならではです。


今回は実機も無い事ですし、あちこち作り込んでどーこーよりも塗装で目立つ作戦なのでさらっと組みます。
2機を飛行形態にするのでシャープな脚柱&タイヤパーツは今回出番無し(^^)
インテイク内部の上面側はプラ板貼って平らに塞ぎました。(右が加工後)
ノズルまで筒抜けですがそっちはお構い無しです。


曲面構成の脚扉もピタリ合います。キャノピーはクリアパーツじゃないのですが、どうもカメラやセンサでモニタすると言う設定の様です。もしかすると20G位のムチャな機動が可能な遠隔操作の無人機かも(笑)


基本的には上下貼り合わせて尾翼とキャノピー付けたら終わりなのでアッちゅう間に形になります。
レジンキットと違い、個人的に大嫌いなペーパーの整形作業が無いのは大助かりです。


問題のマーキングはコレです。
じつは7年前?出戻りプラモ始めた頃に考えたデザインを焼き直ししました。そん時は72でイタレリのキットをがらんどうさんのフェイクコンでやるつもりでしたが、特にインテイク回り等、下面の面構成が違ってるのを無視出来ずドロ沼化して蜜柑になってます(j_j)

バーズのデザインは誰が何と言おうと現行のF-16が最高!なのですが、全体のモチーフはF-16をパクりつつも下面にグラデーション入れたり、鳥の羽もステルスっぽくしてみました。
垂直尾翼が無いとポイントが絞れず、機体後半部のまとまりがイマイチな気はしてます。
完成までにあちこち変えるかも・・・ですが、取りあえず形にはしたよ〜ってコトで。

がらんさん主催の”Fake Aircraft Base” 静岡HS展示は懐かしの2003年、記念すべき我が静岡HS初体験で、こん時はまだ48スケールバリバリ・・・作ろうと思ってせっせと積んでました(笑)
ニンゲン、スケール変わってもヤル事はおんなじ(j_j)

実際にはF-8のブルーエンジェルズでっち上げたんですが、
ニンゲン、作る機体が変わっても考える事はおんなじ(^^)

結局TバーズではF-15も使われなかったし、昨今の事情を考えるとラプターもバーズで採用は無いでしょね。
そうなると将来バーズもブルーズもF-35使用・・・てコトになるのでしょかねぇ〜?
ナンかあまり燃え無い気が・・・(笑)

尚、このF-23Sのキットに関しての詳しい情報は青空モデルさんの公式サイトをご覧下さい。

Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes