アーカイブ

‘SF & Fantasy’ カテゴリーのアーカイブ

arduino+LEDでX-wingの電飾- xXx-Wing Starfighter

2012 年 3 月 11 日 コメント 3 件

はざっす〜
今日はとび物学会の開催日〜なのでちょっと行って来るです。
面白そうとはおもってましたがまだ行った事無いんです・・・
今年からJMCばりに産業貿易センター浜の2Fフロア丸ごとですってョ奥様

えっとぉ〜、タイトルはXウィングなんだけどぉ〜 PAK FAちゃんの続き1枚だけw
地上姿勢の調整で前脚詰めたんですが、再度借り組みしてみたら思った程詰まってなくって・・・
切り飛ばして詰めたのに、ディテール作るうちに伸びた感じ(笑)
良く描けてる図面と比べたらキットのパーツはタイヤのサイズが違う様です。
前輪は0.5mm程デカめ、主輪は1mm弱小さめで、ココを合わせればちゃんとした姿勢になるんでしょうが、ノギス片手にストックを漁っても後輪の良いサイズが見つからないッス。
結局前脚はスクラッチになっちゃいっました。青空モデルのキットがほぼピッタリ・・・F-23Sは前脚単輪だけどバーズの飛行姿勢で2機分の脚パーツが余ってるし(笑)
FrontGear
マットガードはロシア機の特徴・・・空気抵抗軽減にスリット入っててカコイイ。
ちゃんと抜けてるでそ? 欲しい人はドラゴンの1/144 J-10のキット見てみれ・・・
なんてウソさ・・・普通に0.14プラ板積層ですよw
スリット部分も同じ厚みを挟んで接着後に抜き取る方式
ちさ〜いから思いのほかムズかったです。
でもココって機体の影になるし展示しても見える人居ないと思うなきっと・・・(笑)

・・・さて、ここから本題
Fトイズの1/144 X-wingっすね。このシリーズ、相変らず異常に出来が良いですナ。
なんで突然?とか聞かない
arduinoでいろいろ遊んでたら4連裝機銃を光らせてみたくなって
機銃じゃなくてレーザーだけどまいっか・・・そんな感じ(笑)
最近ビークルコレの5が出まして、ラインナップに入ってるんですがXwingはもちろん1と同じ金型(ですよね?)・・・と早速バラします。
パーツバラし
機首の分解は接着が強固でこじ開ける時に少し変形しますた(j_j)
ただの差し込みと接着が使い分けられてて、分解は中々ムズいです。

IPA洗浄
IPA風呂に入れて2時間程経ったら歯ブラシ+中性洗剤で洗浄。すっかり丸裸(^^)
今回はKWATさんのblogに塗膜剥離のサイトが載ってたので、ソコを参考に湯煎してみたら効果抜群でしたヨ。
厚い塗膜が綺麗に落ちてシャープに・・・けど成型が半透明のABS(だよねコレ)なんで見難い(笑)
翼内エンジン?は一体成形かと思ったら片面側は別パーツなのでした。

エンヂン
エンジンは一体成形、サリゲにスライド型使ってますなぁ・・・最近のオモチャは凄いある
1.6×0.8mmサイズのチップLEDを入れるべくドリルで開口します。
3mmプラパイプが入る様に3.2mmまで広げたら・・・一個ノズルがもげた(笑)
タミヤの透明プラパイプすげ〜、安いし肉薄で透明度最高・・・でもこれと言って使い道が無いトコもサイコー

Laser発光
光ファイバはなるべく曲げたく無いので銃本体にチップLEDを内蔵して配線を胴体まで引き込む事にしました。
配線はかなり細く出来るし、どんなに曲げても電流落ちないので可能ならばなるべく配線を取り回した方が良いと思います。
なのでレーザー砲をぶった切って根元にドリルで開口。
こちらはφ2mmです
後半は配線用に1mmで貫通してハンダ付けしたチップLEDを入れてみたの図。当然透けまくりなんで遮光考えないとね。
手前に暗く写ってるのは置き換え用のパーツ組み合わせ
0.5mmの光ファイバ、真鍮パイプ、プラパイプx2種・・・
こう言うの前からやりたかったw

主翼
バラす前は翼内エンジンが邪魔してぴったり閉じなかった主翼、この通りピタ〜と閉じます気持ちィ〜です
でも今回は基板もバッテリもすべて内蔵にしたいので主翼は開状態の固定になるでそう。
脚付き駐機状態も作って見たいっすけどね〜

エンジン発光
エンヂン発光のテスト・・・同じく透けまくり〜
バーナーリングはまたしてもトレペに印刷して瞬椄で貼ってます
LEDは3mmプラパイプ内に納めて透明エポキシで固める予定
ジェットエンジンみたいな外形だけど結構小さいな〜・・・4発エンジンの戦闘機って他にあったけか?
それにしても燃料何処に積んどんねん?・・・とか考えながら(^^)

で、arduino用のケースを作りますた
arduinoケース
いままでハダカのarduino使ってましたが、デスク廻りは工具やらあって絶縁に気を使うし、しまっておく時も便利・・・てコトで、100均で買ったプラケースにビス止めしてます。
ちゃんと回路をケースに入れたの初めてw ジオラマベース作る感覚?
慣れてる人は真っ先にこう言う事やるんでしょうけど〜
スケッチの方は今回端折りますけど後日載っけますね。誰も要らんと思うけど・・・
YouTube Preview Image
またしても点滅の動画・・・静止画だと同じブレッドボードだから変化無くてつまんないね〜
左の4つがエンジン用(まだ赤2、白2になってますが)、右の四角形がレーザー用ですね。
これの元ネタはFLAK37だか?4連裝対空機銃なんでしょね。
実機通り?対角線で交互に発射すると決めつけて交互点滅をスケッチしました。
X印を描く順番で点灯します・・・って結線変えるだけでタダのナイトライダー式点滅なんスけどね(笑)
今回はエンジンも4発別々のチラつきにしてますが、下手すると(上手くすると?)調子悪いオンボロ機風になります。
レーザー砲交互点滅の速度はこの状態でフィックスしてませんが、遅過ぎると強そうじゃ無いしw、余り早いと交互か同時か見えなくなっちゃうし・・・で調整中です。

構成パーツ一覧
一応納まり検討用に内蔵パーツをすべて揃えてみました。
手前の左から
16Mhzクリスタル発振子(表面実装タイプ 4個入りパック)
16Mhzクリスタル発振子 普通のDIP用 (銀色の奴)
22pfコンデンサx2 (青い奴)
470Ω抵抗x4 (茶帯の奴)
右の中程が
4.5mAのCRD
胴体に乗ってるのが一番大事なarduinoチップ(ATMega328P-AU QFPタイプ)小さいでそ?
上記プラスバッテリ(4.5V)で一応動作します。
クリスタルはチップで作動させた事が無いのでどちらを使うか検討中。週末にコンデンサ内蔵のセラミック発振子を買って来るつもりなので、これが使えればクリスタルと青いコンデンサは不要になり、随分コンパクトに出来そうです。
CRDはレーザー用、交互点滅で常に1灯しか光らせないので4灯まとめて1個のCRDで対応します。
エンジン用の抵抗値は計算してないテキトー仕様・・・後で変えるかもです。抵抗はエンジンポッド内にぶち込むかな〜

バッテリBOX
バッテリはボタン電池、SR626
酸化銀タイプなので高そうだけど100均で2個100円w
1個1.55Vだって・・・x3個直列で4.65V
元々arduinoは5Vが定格電圧ですが単4×3の4.5Vでも動作します。
ボタン電池だと容量が足りないか不安でしたが、試したら一応無事に動きました。
電池ボックスはプラパイプくり抜き製、早くココにイレて!って位ピッタリサイズなんで胴体後半に埋め込むですよ(笑)
自作だと中々上手く行かない接点ですが、不要のUDB端子をバラして使いました。こう言う接点用のバネって微妙な曲げ角度やハンダ付け可能な素材って事を考えると自作はかなり難しいと思います。
ボタン電池でどれくらい駆動出来るかはやってみないと・・・な世界ですが、LEDx8灯でも点滅してるから思った程は電気喰わない予定です。半日くらい持ってくれれば良いがなぁ・・・

ちなみにパーティング処理などでディテールが見難いのでラッカー黒薄めてスミ入れしてみたら・・・スゴイですよコレわ(^^)
スジ掘り細いし、エンジンとかウキャ〜ってなる位細かいディテール入ってます。
思った通り塗膜でかなり損してますね〜、食玩って手塗りなんでしょうけど、シルバー系の製品は比較的薄塗りでシャープに見えるのに、白系は得に厚塗りになりがちな気がします。ま〜塗ってる人はそんな意識無いだろうけど・・・技ミックスみたいに超絶に塗られちゃうと勿体無くて脱がせないから、IPAで落ちる厚塗りは歓迎すべきですかねぃ?

ところで、ナンでタイトルにXXX入ってるか?
とかそのへんはいつものアレで・・・ソコは察してくれたまへ
コメント頂ける際は単語によってSPAM認定されてしまう仕様で、こっちで確認して救済しますからカキコが反映されなくてもちょっと待ってみて下さい・・・すいません<(_ _)>

で、PAK FAの今後?・・・知らんがなそんなこと(笑)

SWEETの痛機第2弾 パイおニャ〜NASAタンg!

2012 年 3 月 9 日 コメント 3 件

雨で仕事にならんがな

さて、みなさま今年もそろそろ静岡へ向けて追い込みのシーズン・・・ですかぁ?
年度変わりもあって慌ただしい時期ですが、サイトの整理してみたら過去記事が書き掛けで埋まってたので加筆修正して公開してみるです(笑)
他にもCCD載せたNゲージの奴とか太陽の塔とかいろいろ埋まってますた。
も〜2年前のだからかんなり熟成が進んで香ばしぃ〜くなってますけどォ〜
なんだかんだ言っても痛機は一部のヒトに受けるからぁ〜、今年もヤるですよん・・・たぶんw

パッケージ
もう出来てるから完成写真から行っとくわいw
お馴染みのインチキパッケージも誂えてダマし用のフルセットです。
SWEETのマスタングはメチャカッコ良いネ甲キットなので、今考えると大変勿体無いコトしたなぁ・・・と。そんな事はちっとも思ってはいませんけど〜(笑)

以下駆け足で製作記でス。
あんま覚えてないからテキトーに流してくらさい
マスキング
ストライプのマスキング、ハンパ無い面度臭さw
機体の凹凸や曲面のお陰であちこち誤魔化しながら辻褄合わせるのがも〜大変。
途中でネガポジ反転してるのに気付いたりとか(笑)・・・平面図で考えるほど甘く無いのであった。
自分で考えといてナンですが、今度から曲面に斜めストライプのデザインは避けねば・・・
そうここに願うw

塗り分け
塗り分け後、苦労しただけにマスキング剥がすのがちょっと惜しかったりも。
急いで作ってたんで塗膜がとても厚いのコトよ。

NASAマスキング
デカール部分は白デカール貼っても透けるので手切りでマスキングして白吹きです。
我ながら、よ〜やるわ・・・(笑)

マークソフター
じゃん、手持ちのマークソフターフルラインナップ!
例によって肌色&グラデーションはインクジェット、黒の輪郭線と文字関係はALPSプリンタ+MYKのクリアデカールの2重貼りですが、インクジェット用の方はコーティング(マイクロのLiquid Decal?だったハズ)が厚かったのか馴染みが今イチでした。
いつもはクレオスの緑フタで充分ですが、より強力なGSRとMODELERSも併用。
GSRのは原液が白くて気に入らないけど結構使い心地は良いかも。タミヤのマークフィット、ダメだったねぇ(笑)
マイクロのSOLとSETはずっと愛用してたけど、2種使い分けが面度臭くなってごぶさた中。
強力と評判だったMODELERSのは最近威力が落ちてる気がする・・・揮発するとか、古いと効果減るんですかね?

デカール貼り
ロゴのベースには白刷ったけどやはり1回だけじゃ透けますね。
インクジェットとALPSで微妙に大きさがずれてますが、伸びなかったんでしゃ〜ない。
さすがに楽しい作業ですよココんトコは

完成 上面
全部貼ってキャノピーのマスク剥がして完成
なんかもぅ、各所のツメが甘過ぎなんですが完成〜!
強い色使っただけ有って遠くからでも目だつはず。

完成 下面
下面はこんなデザインです。
メンフィスベルの奴は顔がこっち向きと後ろ向きの2バージョン、ドレスの色違いでバリエーション作っています。

ベース付き
ベースはこれまた100均で買ったフォトフレームにレースとスパンコール貼りました。
ダイソーの大きい店舗の手芸&アクセコーナーはヤヴァいです(笑)
ビーズやリボン、ワイヤーや金具関係など、使えそうなのアレもコレも〜と色々買ったら5000円超えだったかなぁ(j_j) 勿論ほとんど使ってないけどなぁ・・・

しかしまぁこれで日米の痛機がそろったので、後は英独伊・・・ですかね。
メッサーとマッキは良いとして、英はハリケンよりスピットで行きたいなぁ〜
ま〜だ出ないかなぁ〜(笑)

スイーツのエロ戦NASAバージョン・・・A6M3 Ero Fighter ver.NASA

2009 年 5 月 2 日 コメントはありません

チマタでは(模型界に限る)、ドアやボンネットにアニキャラをデカデカと貼り込んだカーモデルがウケている様で・・・デカール流用などで飛行機に貼った奴は痛機としてやはり一部で盛り上がりを見せてますねぇ(j_j)
モデグラ誌でも何度か特集を組まれる勢いですが、その勢いに負けて私も痛機に手を出してしまいました。

スイーツの限定販売キット、エロ戦22型です。
零戦の方はもうすぐ52型もリリースされるそうなので、SWEETさんのハイクオリティーで各型の零戦が揃えられるのは喜ばしい限りですね。

このスイーツのエロ戦キット、先着1名限りの超レアキットなので、運良く手に入れる事が出来た私は世界一の幸せ者です。
念のため言い添えますが、SWEETさんとは関係ありませんので、慌てて予約の問い合わせなどしないで下さい。でもリクエストは歓迎されるかもっス(^^)

ま〜先日のイエサブ飛行機コンにF-14が間に合わないんで、急遽でっち上げようと目論んだのですがコレも不発に終わってしまい、冷静に考えれば当たり前の結末ですけど、こうして落ち着いてパッケージまで作る事が出来ました(笑)

痛機と言えばジェット機が相場の様ですが、私のお題はレシプロで零戦、だって翼面積が広いしSWEETの超絶キットを作ってみたかったしぃ〜(^^)
ホントは同社P-51と日米対決にしたかったのですが、ソコまでのエネルギィは無かったモヨウ(笑)

デザインは当然ナサちゃんを基にします。例によってパッケージのSCANをツギハギし、プラス手元にある文様素材集などからデータを切り貼りし、Illustratorにてデカールデータを作成。
着物と桜をモチーフに機体上下面で昼夜のイメージ?胴体バンドは着物の帯風だす。
今回は場所によりキャラクターと細かい柄模様はインクジェットデカール、透け止めの白パターンとロゴ関係はALPSの熱転写デカール、大まかなグラデーションは吹付け塗装を使い分ける事にしました。
データも使うプリンタごとに分けるので、ちゃんと計画しとかないと後で大変です。

インクジェットデカールはケイトレーディング製のクリアデカールを使用しました。
このデカールは、そのままでもインクジェットでかなり綺麗に印刷出来ますが、同社製のベーススプレーを吹いた方がインクの吸い込みが良くなります。
ただしベーススプレーの塗膜にはデカールの軟化剤が効かない様で、あまり厚く吹くと貼る時にひび割れたりします。
これはデカールのクリアコートにも同じ事が言えますが・・・
今回は一度目は厚塗りしすぎて失敗、2度目は薄めにベーススプレーを吹き、クリアコーティング(ラッカー系クリア)も2回塗り程度に留めました。
使用したのは顔料インクのプリンタですが、色の濃い部分が中々乾かず、ホコリが付かない様に1週間程乾燥させた後クリア掛けしました。
熱転写デカールの方はいつものMYK DESIGN製のクリアなデカール。ALPSプリンタ用としては今の所これ以上のモノは無い!と思います(^^)

機体の方は当然素組。さっさと組んで白塗ってピンクでグラデーション塗装します。
キャノピーはいつもの様にメタルックでマスキング・・・枠が細かくて辛いです(j_j)
トコロでSWEETの22型、21型のバリエーションと思ってましたが何と完全新金型(キャノピー以外?)なんすね・・・驚愕です。
カウル以外にも各所に細か〜いモールドも追加されたり仕様の違いが再現されていたり・・・サスガ!です。

下面は紫がかったダークブルー、普段この手の彩度の高い色は使わないので調色も楽しかったです。
ガイアのパープルヴァイオレットを基本色に使用しました。
グラデの明るい部分には蛍光ピンクも(^^)

脚カバーは昔作ったエッチングの残りを使用・・・ココが薄いと印象かなり良くなりますからね(^^)

大判デカールの練習を兼ねて下面からデカール貼り。
結構突起やバルジが多くてシワになっちゃいました。
しかも場所によっては白ベース+絵柄+ロゴとデカール3層の重ね貼りになるのでどうしても細かいスジ彫りは埋まっちまいます・・・

上面は下面よりは上手く行きましたが・・・
この程度の曲面でもシワ無く貼るのは結構難しいと再認識しました。
軟化剤塗ってから弄るとあちこち伸びて収拾付かなくなりますね(^^)
おかげでちょっとはコツを掴んだ模様です。


スピナは2色で塗り分け、機銃はキットのパーツに開口しました。
実はスピナの軸穴がやや偏芯してまして、そのまま組むと結構いびつに回るので一旦穴を埋めてドリルで開け直しました。
それでもド真ん中には開けられず、息を吹きかけるとペラがややブレて回ります(j_j)

エッチングの脚カバー・・・このペナペナ感が零戦・・・だと思うですが。
ピトー管はKleinDesign製の真鍮挽き物・・・これは良い物です。残り少ないのでまたストックせねば(^^)
しかしゼンゼン素組じゃないじゃんかヨこれ・・・(^^)

いつもよりベースも凝ります。
例によってダイソーを物色して素材集め(^^)
昔は素材探してぇと東急ハンズとかユザワヤとかアートマンへ行ったモンですが・・・ねぇ。
フォトフレーム、手鏡、フリルやリボン飾り等々・・・変態の如くに目をギラギラさせながら手芸&アクセサリーコーナーを中心に攻めたのです。
1個100円だけどベース材料だけで1500円超え・・・ついでにいろいろ要らない物も買っちゃうのは向こうの作戦勝ちってコトです。
しかし、こう言う飾りを付けるとそれだけでエロい雰囲気になるだしょ?
ファンシーとエロティックは同義なのです(^^)

も〜完成!さっさと完成(^^)
なんだかんだで2ヶ月掛かったけどとにかく完成!
下面はクリア吹いたけど全体のツヤは揃ってない・・・でも完成!
こう言う塗装だと鏡のベースは思った以上に効果的・・・だよねと自分に言い聞かせつつ

これを機に、SWEETさんから”痛機&ナサちゃんBOXセット”が発売される事を願いつつ・・・(^^)
もちろん大判カルトデカール付き、英米日独伊の5機セット希望(笑)
米機はムスタング希望・・・
1/144スケールのコスプレNASAちゃん5種&ラッキーは新金型で。
皆さん静岡でSWEETさんにリクエストしませう(^^)

Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes