aka) Author: Christian Davén Version: 2.0 Author URI: http://www.daven.se/usefulstuff/ */ # adds an options page to the options menu function SUP_add_options_page() { if(function_exists("add_options_page")) add_options_page("Smart Update Pinger", "Smart Update Pinger", 5, basename(__FILE__), "SUP_show_options_page"); } # shows the options page function SUP_show_options_page() { $ping = get_option("SUP_ping"); $uris = get_option("ping_sites"); $pingservicesnow = "今すぐ ping を送信!"; if(isset($_POST["ping"]) && $_POST["ping"] == $pingservicesnow) { SUP_log("手動で ping を送信中 ..."); SUP_ping_services(); } elseif(isset($_POST["submit"])) { $uris = $_POST["uris"]; $ping = 0; if($_POST["ping"] == 1) $ping = 1; update_option("SUP_ping", $ping); update_option("ping_sites", $uris); echo '

設定を保存しました.

'; } $checked = ''; if($ping == 1) $checked = 'checked="checked"'; echo '

ping 送信先のサーバ

以下に登録されている ping サーバへは記事を投稿する際,自動的に ping 送信や更新通知がなされます。WordPress が通常行うような,以前書いた記事の編集時ではありません

注意: このリストは オリジナルのアップデートサービスリストと同期します。.

複数サーバを登録する際は改行で URI を分けて下さい

Ping 送信ログ

このプラグインのログです(下に行くほど新しいログです)

'.SUP_get_last_log_entries(20).'

'; } # telling WordPress to ping if the post is new, but not if it's just been edited function SUP_ping_if_new($id) { global $wpdb, $post_title; if(get_option('SUP_ping') == 1 and get_option('ping_sites') != "") { # fetches data directly from database; the function "get_post" is cached, # and using it here will get the post as is was before the last save $row = mysql_fetch_array(mysql_query( "SELECT post_date,post_modified FROM $wpdb->posts WHERE id=$id")); # if time when created equals time when modified it is a new post, # otherwise the author has edited/modified it if($row["post_date"] == $row["post_modified"]) { if($post_title) SUP_log("Pinging services (new post: “".$post_title."”) ..."); else SUP_log("Pinging services (新規の記事の投稿) ..."); SUP_ping_services(); # Try commenting the line above, and uncommenting this line below # if pinging seems to be out of order. Please notify the author if it helps! # generic_ping(); } else { if($post_title) SUP_log("NOT pinging services (“".$post_title."” の設定が変更されました)"); else SUP_log("NOT pinging services (記事が編集されました)"); } } else SUP_log("NOT pinging services (管理者が ping 送信を無効にしています)"); } # More or less a copy of WP's "generic_ping" from functions.php, # but uses another function to send the actual XML-RPC messages. function SUP_ping_services() { $services = get_settings('ping_sites'); $services = preg_replace("|(\s)+|", '$1', $services); // Kill dupe lines $services = trim($services); if ( '' != $services ) { $services = explode("\n", $services); foreach ($services as $service) SUP_send_xmlrpc($service); } } # A slightly modified version of the WordPress built-in ping functionality ("weblog_ping" in functions.php). # This one uses correct extendedPing format (WP does not), and logs response from service. function SUP_send_xmlrpc($server = '', $path = '') { global $wp_version; include_once (ABSPATH . WPINC . '/class-IXR.php'); // using a timeout of 3 seconds should be enough to cover slow servers $client = new IXR_Client($server, ((!strlen(trim($path)) || ('/' == $path)) ? false : $path)); $client->timeout = 3; $client->useragent .= ' -- WordPress/'.$wp_version; // when set to true, this outputs debug messages by itself $client->debug = false; $home = trailingslashit( get_option('home') ); # the extendedPing format should be "blog name", "blog url", "check url" (whatever that is), and "feed url", # but it would seem as if the standard has been mixed up. it's therefore best to repeat the feed url. if($client->query('weblogUpdates.extendedPing', get_settings('blogname'), $home, get_bloginfo('rss2_url'), get_bloginfo('rss2_url'))) { SUP_log("- ".$server." への ping 送信が成功しました (拡張フォーマット)"); } else { # pinging was unsuccessful, trying regular ping format if($client->query('weblogUpdates.ping', get_settings('blogname'), $home)) { SUP_log("- ".$server." への ping 送信が成功しました"); } else { SUP_log("- ".$server." への ping 送信が失敗しました。 以下のエラーメッセージが返されました: “".$client->error->message."”"); } } } $post_title = ""; # Receives the title of the post from a filter below function SUP_post_title($title) { global $post_title; $post_title = $title; return $title; } # ----- # Log stuff $logfile = ABSPATH."wp-content/smart-update-pinger.log"; # for debugging function SUP_log($line) { global $logfile; $fh = @fopen($logfile, "a"); @fwrite($fh, strftime("%D %T")."\t$line\n"); @fclose($fh); } function SUP_get_last_log_entries($num) { global $logfile; $lines = @file($logfile); if($lines === false) return "Error reading log file (".$logfile."). This could mean that the wp-content directory is write-protected and no log data can be saved, that you have manually removed the log file, or that you have recently upgraded the plugin."; else { $lines = array_slice($lines, count($lines) - $num); $msg = ""; foreach($lines as $line) $msg .= trim($line)."
"; return $msg; } } # ----- # adds a filter to receive the title of the post before publishing add_filter("title_save_pre", "SUP_post_title"); # adds some hooks # shows the options in the administration panel add_action("admin_menu", "SUP_add_options_page"); # calls SUP_ping whenever a post is published add_action("publish_post", "SUP_ping_if_new"); # calls SUP_ping_draft when changing the status from private/draft to published # add_action("private_to_published', 'SUP_ping_draft'); # removes the "WordPress official" pinging hook remove_action("publish_post", "generic_ping"); # activates pinging if setting doesn't exist in database yet # (before the user has changed the settings the first time) if(get_option("SUP_ping") === false) { update_option("SUP_ping", 1); } ?> Redstone Rocket & Mercury | 空IKE飛行機! Blog - Part 2

アーカイブ

‘Redstone Rocket & Mercury’ カテゴリーのアーカイブ

依然プラモはNゲージに追い付いていない?件

2008 年 10 月 31 日 コメントはありません

え、と・・・まずはBBSでも触れた円のセンター出し治具について。
スピナの中心穴とか機銃口の開口とか、丸棒や円のセンターを求めたい事って結構有るのではないでしょうか?
そう言う時に便利な治具がコレです。といっても唯のアルミのアングル端材に45°カットしたプラバンのガイドを接着しただけですが、コイツに棒材を乗せ、断面にガイドに沿って45度の線を引き、適当に回転させて再度線を引くと、なんとその交点は中心になるのです!<当たり前なんですが(笑)

さすがに機銃口は無理ですが、今回のロケットの補強芯位置はこれを使って出しました。Cherry-Pickerの方もだいぶ形になって来たのでレッドストーンの仮組みと記念撮影。心配していた大きさ比率も違和感無い様でヒト安心って所です。

前途の様にクレーンは折畳み出来る様にしたかったので、思案の末ヒンジ部分の片方を固定し、片方はクレーンの自重で挟み込む様な仕掛けに落ち着きました。

ここでTOMYTEC、トラックコレクションのクレーン車を引っぱり出して来て、あちこち比較してみました。最近の国産キットはかなりモールドも細かくシャープになっているのは認めますが、やはり鉄道模型のクオリティには追い付けていないなぁと言う印象です。
スライド金型が多用されてはいますが、いざバラしてみて初めて気付くアイデア賞モノのパーツ割りや分割の細かさ、勘合精度に加え特にこのハシゴ車は可動部分の構造と精度がちょっと信じ難い程の物になってます。
↓取りあえずブーム伸張状態の図

3段ハシゴはスライド式なんですが、コの字断面のトラスなので当然ス
ライド金型だし、バケット部の角度を変える為にヒンジに0.1mm以下のパーティングライン程度のラッチがモールドされていて、それがちゃんと噛み合ってカチカチ動かせるのには感動・・・もう純粋に工業製品としての精度に驚いた次第です。ポリキャップなんか一切使用せず、スチロール樹脂(普通に接着剤が使える)だけで良くもココまで出来た物だと(^^)

で、ハシゴ車は早々にしまい込みロケットの仮組み。
モールドを確認するためグレイを薄く吹いて拭き取りした図。
実機のマーキュリーカプセルは黒なのでこのモールドをどう引き立たせるか考え所。トラックのキャビン内装パーツも一緒にグレイで塗装済み。

ブームの可動問題はなんとかインチキ方式でクリアした物の、やはり後方に旋回した時に重心が後寄りになってコケてしまう。やはりオモリは必要か?
シャーシ裏面の隙間と言う隙間に極小鉛粒を瞬着で固定して何とか対応。
これは今は亡き新宿イエサブで買った筈で、粒が小さく流動性?が良いのでかなり細かい隙間にも入り込んでくれて助かった。
さすがに水の10倍重い鉛だけあってダイキャストみたいな重量感(^^)
オモリに使うなら水の20倍重い劣化ウランのが重くて効率的だが、入手が難しいし放射能が苦手な人も多いので白金を使うのが吉。
でも4輪車にウェイトバランス入れたモデラーは私が初めてなんじゃないでしょか?↓ちょっと蓮系の画像でコワイっす。

全体を組んでみたらアウトリガーがちゃんと設置しないので車軸を上げる様にスペーサー咬ませたりアウトリガーを泣く泣く作り直したりの泥縄。
図面通りに作ったつもりでも0.5mmくらいの誤差はあたりまえに出る(^^)
シリンダーもブームと同じ素材構成で4組作って取付け。キャビン前後のブーム架をプラ棒で作り終えてほぼ塗り前の状態です。

でもここまで組んじゃってどうやって塗るのだろう?塗れなくてバラす悪寒を抱え、引き続き頑張ってみます。
今後は塗りながら組むテクを身につけないと厳しいかもですね。

ズルズルと塗り地獄

2008 年 10 月 30 日 コメントはありません

Cherry-Picker 一応塗り終わりますた。
っつうか、もうイーカゲン飽きたのでヤメです(笑)
単色塗装でこんなちっこいモノ塗るのに1日半・・・軽くノイローゼでした。

書いてもあまり参考になるとは思えないのが辛いトコロですが、上手く行かない方法は一通り試したので一応ダメテクの参考に・・・
どなたか裏技の伝授お願い致します。

1、まず透け止めとしてダークグレイを薄めに溶いて全体に吹き付け。
塗料がタレてもムラになっても気にしない。ひたすら光りにかざして透けない様に吹く。

2、ま〜白が少し入ってるから隠蔽出来るだろうと、RLMイエローを上塗りのつもりで徐々に塗り重ね。

3、入り組んだ所から仕上げて最後に広い面を塗るのがセオリーだって?勿論そうに決まってる・・・で、奥の方を狙って吹いてると手前側には塗料が溜まってどんどんタレる。まぁ手前の方は塗り易いから、あとでペーパーで研いで塗り直せば良いか。

4、ペーパーで研ぐ >プラの白地露出 >グレイ吹く >当然奥側にもグレーがかかる >黄色吹く >グレイと黄色の境界が透けて見苦しい >乾かしながら少し塗膜厚めに吹く >手前側タレる >4の最初から好きなだけ繰り返す・・・

5、・・・と言う訳で、クレオス1ビンを使い切るかと言う所で出来た事にしました。トラス構造は表面積が見た目より多いのに隙間も多いから塗料が無駄になり非効率極まりないですな。
途中面相筆で塗ってみて、穂先が奥まで届かないのでイライラして突ついたらトラス破損とか、隠蔽力が強いと言われるガイアの燈黄色吹いたら、モロ工事現場風の色になり、なんとなく身近すぎてヤなので止めたりとドタバタも有りつつ・・・最終的にムラになってるのは、そりゃ退色表現だよチミ。と言う事に(^^)
今考えれば下塗りは白でやっとけば問題無かったのでしょうな、恐らくは。


錘りを入れたのでブーム伸ばしてもコケないっしょ?
ブーム可動の為に油圧シリンダーを倒して収納するワザは、イマイ/サンダーバード2号の脚方式と命名。懐かしいスね。
タイヤもアウトリガーもいくつか微妙に接地してないのは見逃していただくとして。この辺が手づくりの深い(不快?)味わいです。

気を取り直してチャッチャとメインの工作へ・・・
下がレジンの湯口を切り落としたレッドストーンのパーツ郡。

上にある4枚のフィンはナイフで両面から切り込みを入れ、注意深く切り離したもの。薄物なのに切断線が一直線じゃないので気を使う。
右下が緊急脱出用ロケット部。頭のピトー管?は洋白線の頭に瞬着を盛って削り出し。真ん中に3つ見えるのは脱出ロケットのノズルだが、イモ付けではいかにも心許ないので0.3mm真鍮線を埋め込む。ノズル側もエッジに注意して1.5mmドリルで少し掘る。
中央下に見えるエッチングが脱出ロケットを固定するトラス。
コレがまたイモ付けなんだけど、トラスは赤、マーキュリーカプセル側は黒と色が違うので塗ったあと接着が必要になる。塗膜の上に瞬接じゃいかにも壊れて下さいの作りなので補強をどうするか悩み中・・・真鍮線仕込むしか無さそうだけど細か過ぎて鬱。
胴体に付く手摺もエッチングで用意されているが、もちろんイモ付けな上にこちらも白黒の塗り分け部にまたがるので、なかなか厄介なカンジ。

ページが余ったので(笑)余談ですが、ロケット関係のレジンメーカーの印象など・・・
1/144スケールのロケットを意欲的に発売しているのは、このNew Ware(チェコ)とReal Space Models(フロリダ/米)の2社が代表かと思います。

New Wareからはマーキュリーアトラスも出てまして、私も当然の様にストックしてるのですが、なにげに見比べてみたらちゃんとマーキュリーカプセルの改善箇所が再現されているのに驚きました。
シェパードによるレッドストーンの弾道飛行時、パイロットが要求した脱出ハッチやペリスコープ等は間に合わず未装備でしたが、グレン/アトラスの地球周回飛行時はこれらが装備されていて、両キットでちゃんとこの辺が作り分けられています。
インストも英文ですが、短いながらも的確な解説や組み立て指示があり、かなりのスキモノが開発していると見えます。
ラインナップは弾道ミサイルのバリエーションがとても豊富ですが、日本のN-I、N-IIやL-4S等もキット化されていて、値段も安くは無いですがいずれもかなり奇麗な成形で高品質です。

一方 Real Space Models の方は民間用ロケットが豊富でICBM関係はほとんどありません。さすがに売れ線?のレッドストーンとアトラスは被っていますが、ソビエト夢のN-1ロケット!や中国の長征も出てます。残念ながら出来の方はN-1やソユーズ等から判断するとNew Wareからは3段くらい落ちる感じで、デカイ(重い)割りに安くて大味といった所でしょうか。特にN-1なんか馬鹿デカイ胴体がムクだし表面荒れてて期待度に思いっきり反比例する出来でかなり凹みました。このあたりはそのうちReviewページでも作ってみるとしましょうか。

ついでに宇宙機関係のキットレビューが充実しているサイトをひとつ
Ninfinger Productionというサイトですが、ココのキットレビューページは写真付きで膨大な宇宙機キットの概要(残念ながら多くは絶版)が見られるので私の様な宇宙初心者には非常に参考になります。
実機の資料や製作記もかなりディープな物が多いので、ハマる事請け合いですヨ。

ともあれ主役の製作〜ベース製作と今後もドタバタは続くみたいですワ。

ロケット&ランチスタンド製作

2008 年 10 月 29 日 コメントはありません

昨日は早く寝すぎてしまい未明に目が覚めますた。
進んだとこまで撮影してお披露目です。


いよいよ主役の製作に入った所ですが、ディオラマ全体の構図を決める為にプリントアウトした大きめの平面図を元にベースのトリミングを検討中。
現状ではベースが大体250x130mm位の大きさになりそう・・・適当なデコパ台が無いので木枠も自作するしか無いか?
Cherry-Pickerが結構面積を取るので思ったより大きく、間延びしないか心配な部分。
早い段階である程度トリミングを決めておけば、空いた時間にフィギュアの構成や細部の作り込み加減を調整する事が出来るが、普段は中々そうも行かないって(^^)


NewWareからはレッドストーン用のランチスタンドもキット化されていて、これがまた結構イイ値段するんですが、私は勿論ロケットと同時購入済みなのでさっさと作ります。
レッドストーン本体の4枚の安定板下端に小さくて薄い姿勢制御フィンが出っ張るので、完成後にこの部分だけで支える訳にも行かずその為のキット化なんでしょうね。<だったら同梱して欲しいモンだよまったく(笑)
シャープに成形されてますが細部のディテールはちょっと省略されてる感じ。レッドストーンの有人ロケットの場合は実機ではアンビリカルケーブル用のマストが付きますが、残念ながらキットでは省略されていてインストには「とても簡単だから自作してね。2つ程参考になるサイトが有るけど解らなかったら勝手に自分で探してね。」・・・と言うご丁寧な解説が・・・(j_j)
↓コレのドコが簡単だから自作出来るってんだオイ?

ま〜この問題は先送りするとして、もっと大事な問題が・・・

スタンド自体4本別パーツの脚で立つ訳ですが、その上に乗せるロケットの安定板も4枚別パーツって事は・・・「奇跡でも起こらん限り普通に組んだら真っ直ぐ立たないに決まってる!」ですよね。
実際どのパーツもパーツ同士の接地面が小さく細く、補強や微調整が一筋縄では行かなそうなのです。
実際にどれくらい曲がるのかは試しに組んでみないと解らないので、この辺りになるべく注意しながら整形&接着して行きました。
試しにスタンドに乗せてみたら・・・

なんと、ほぼ真っ直ぐに立ってくれてます(^^)
実はマストの位置やカプセルの関係から、ロケットを乗せる向きはちゃんと決められており、画像の状態で正しくなっているのですが、試しに90度向きを変えると・・・ハンドメイドの面目躍如、やはりかなり斜めになってしまいます(^^) ・・・っつうコトは、微妙に歪んだ物同士が組み合わさって最終的にプラマイゼロになってる訳で、なんかプチ奇跡っぽいですよコレは(笑)

Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes