アーカイブ

‘痛機! エロ戦22型 Ero_Fighter’ カテゴリーのアーカイブ

スイーツのエロ戦NASAバージョン・・・A6M3 Ero Fighter ver.NASA

2009 年 5 月 2 日 コメントはありません

チマタでは(模型界に限る)、ドアやボンネットにアニキャラをデカデカと貼り込んだカーモデルがウケている様で・・・デカール流用などで飛行機に貼った奴は痛機としてやはり一部で盛り上がりを見せてますねぇ(j_j)
モデグラ誌でも何度か特集を組まれる勢いですが、その勢いに負けて私も痛機に手を出してしまいました。

スイーツの限定販売キット、エロ戦22型です。
零戦の方はもうすぐ52型もリリースされるそうなので、SWEETさんのハイクオリティーで各型の零戦が揃えられるのは喜ばしい限りですね。

このスイーツのエロ戦キット、先着1名限りの超レアキットなので、運良く手に入れる事が出来た私は世界一の幸せ者です。
念のため言い添えますが、SWEETさんとは関係ありませんので、慌てて予約の問い合わせなどしないで下さい。でもリクエストは歓迎されるかもっス(^^)

ま〜先日のイエサブ飛行機コンにF-14が間に合わないんで、急遽でっち上げようと目論んだのですがコレも不発に終わってしまい、冷静に考えれば当たり前の結末ですけど、こうして落ち着いてパッケージまで作る事が出来ました(笑)

痛機と言えばジェット機が相場の様ですが、私のお題はレシプロで零戦、だって翼面積が広いしSWEETの超絶キットを作ってみたかったしぃ〜(^^)
ホントは同社P-51と日米対決にしたかったのですが、ソコまでのエネルギィは無かったモヨウ(笑)

デザインは当然ナサちゃんを基にします。例によってパッケージのSCANをツギハギし、プラス手元にある文様素材集などからデータを切り貼りし、Illustratorにてデカールデータを作成。
着物と桜をモチーフに機体上下面で昼夜のイメージ?胴体バンドは着物の帯風だす。
今回は場所によりキャラクターと細かい柄模様はインクジェットデカール、透け止めの白パターンとロゴ関係はALPSの熱転写デカール、大まかなグラデーションは吹付け塗装を使い分ける事にしました。
データも使うプリンタごとに分けるので、ちゃんと計画しとかないと後で大変です。

インクジェットデカールはケイトレーディング製のクリアデカールを使用しました。
このデカールは、そのままでもインクジェットでかなり綺麗に印刷出来ますが、同社製のベーススプレーを吹いた方がインクの吸い込みが良くなります。
ただしベーススプレーの塗膜にはデカールの軟化剤が効かない様で、あまり厚く吹くと貼る時にひび割れたりします。
これはデカールのクリアコートにも同じ事が言えますが・・・
今回は一度目は厚塗りしすぎて失敗、2度目は薄めにベーススプレーを吹き、クリアコーティング(ラッカー系クリア)も2回塗り程度に留めました。
使用したのは顔料インクのプリンタですが、色の濃い部分が中々乾かず、ホコリが付かない様に1週間程乾燥させた後クリア掛けしました。
熱転写デカールの方はいつものMYK DESIGN製のクリアなデカール。ALPSプリンタ用としては今の所これ以上のモノは無い!と思います(^^)

機体の方は当然素組。さっさと組んで白塗ってピンクでグラデーション塗装します。
キャノピーはいつもの様にメタルックでマスキング・・・枠が細かくて辛いです(j_j)
トコロでSWEETの22型、21型のバリエーションと思ってましたが何と完全新金型(キャノピー以外?)なんすね・・・驚愕です。
カウル以外にも各所に細か〜いモールドも追加されたり仕様の違いが再現されていたり・・・サスガ!です。

下面は紫がかったダークブルー、普段この手の彩度の高い色は使わないので調色も楽しかったです。
ガイアのパープルヴァイオレットを基本色に使用しました。
グラデの明るい部分には蛍光ピンクも(^^)

脚カバーは昔作ったエッチングの残りを使用・・・ココが薄いと印象かなり良くなりますからね(^^)

大判デカールの練習を兼ねて下面からデカール貼り。
結構突起やバルジが多くてシワになっちゃいました。
しかも場所によっては白ベース+絵柄+ロゴとデカール3層の重ね貼りになるのでどうしても細かいスジ彫りは埋まっちまいます・・・

上面は下面よりは上手く行きましたが・・・
この程度の曲面でもシワ無く貼るのは結構難しいと再認識しました。
軟化剤塗ってから弄るとあちこち伸びて収拾付かなくなりますね(^^)
おかげでちょっとはコツを掴んだ模様です。


スピナは2色で塗り分け、機銃はキットのパーツに開口しました。
実はスピナの軸穴がやや偏芯してまして、そのまま組むと結構いびつに回るので一旦穴を埋めてドリルで開け直しました。
それでもド真ん中には開けられず、息を吹きかけるとペラがややブレて回ります(j_j)

エッチングの脚カバー・・・このペナペナ感が零戦・・・だと思うですが。
ピトー管はKleinDesign製の真鍮挽き物・・・これは良い物です。残り少ないのでまたストックせねば(^^)
しかしゼンゼン素組じゃないじゃんかヨこれ・・・(^^)

いつもよりベースも凝ります。
例によってダイソーを物色して素材集め(^^)
昔は素材探してぇと東急ハンズとかユザワヤとかアートマンへ行ったモンですが・・・ねぇ。
フォトフレーム、手鏡、フリルやリボン飾り等々・・・変態の如くに目をギラギラさせながら手芸&アクセサリーコーナーを中心に攻めたのです。
1個100円だけどベース材料だけで1500円超え・・・ついでにいろいろ要らない物も買っちゃうのは向こうの作戦勝ちってコトです。
しかし、こう言う飾りを付けるとそれだけでエロい雰囲気になるだしょ?
ファンシーとエロティックは同義なのです(^^)

も〜完成!さっさと完成(^^)
なんだかんだで2ヶ月掛かったけどとにかく完成!
下面はクリア吹いたけど全体のツヤは揃ってない・・・でも完成!
こう言う塗装だと鏡のベースは思った以上に効果的・・・だよねと自分に言い聞かせつつ

これを機に、SWEETさんから”痛機&ナサちゃんBOXセット”が発売される事を願いつつ・・・(^^)
もちろん大判カルトデカール付き、英米日独伊の5機セット希望(笑)
米機はムスタング希望・・・
1/144スケールのコスプレNASAちゃん5種&ラッキーは新金型で。
皆さん静岡でSWEETさんにリクエストしませう(^^)

Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes