aka) Author: Christian Davén Version: 2.0 Author URI: http://www.daven.se/usefulstuff/ */ # adds an options page to the options menu function SUP_add_options_page() { if(function_exists("add_options_page")) add_options_page("Smart Update Pinger", "Smart Update Pinger", 5, basename(__FILE__), "SUP_show_options_page"); } # shows the options page function SUP_show_options_page() { $ping = get_option("SUP_ping"); $uris = get_option("ping_sites"); $pingservicesnow = "今すぐ ping を送信!"; if(isset($_POST["ping"]) && $_POST["ping"] == $pingservicesnow) { SUP_log("手動で ping を送信中 ..."); SUP_ping_services(); } elseif(isset($_POST["submit"])) { $uris = $_POST["uris"]; $ping = 0; if($_POST["ping"] == 1) $ping = 1; update_option("SUP_ping", $ping); update_option("ping_sites", $uris); echo '

設定を保存しました.

'; } $checked = ''; if($ping == 1) $checked = 'checked="checked"'; echo '

ping 送信先のサーバ

以下に登録されている ping サーバへは記事を投稿する際,自動的に ping 送信や更新通知がなされます。WordPress が通常行うような,以前書いた記事の編集時ではありません

注意: このリストは オリジナルのアップデートサービスリストと同期します。.

複数サーバを登録する際は改行で URI を分けて下さい

Ping 送信ログ

このプラグインのログです(下に行くほど新しいログです)

'.SUP_get_last_log_entries(20).'

'; } # telling WordPress to ping if the post is new, but not if it's just been edited function SUP_ping_if_new($id) { global $wpdb, $post_title; if(get_option('SUP_ping') == 1 and get_option('ping_sites') != "") { # fetches data directly from database; the function "get_post" is cached, # and using it here will get the post as is was before the last save $row = mysql_fetch_array(mysql_query( "SELECT post_date,post_modified FROM $wpdb->posts WHERE id=$id")); # if time when created equals time when modified it is a new post, # otherwise the author has edited/modified it if($row["post_date"] == $row["post_modified"]) { if($post_title) SUP_log("Pinging services (new post: “".$post_title."”) ..."); else SUP_log("Pinging services (新規の記事の投稿) ..."); SUP_ping_services(); # Try commenting the line above, and uncommenting this line below # if pinging seems to be out of order. Please notify the author if it helps! # generic_ping(); } else { if($post_title) SUP_log("NOT pinging services (“".$post_title."” の設定が変更されました)"); else SUP_log("NOT pinging services (記事が編集されました)"); } } else SUP_log("NOT pinging services (管理者が ping 送信を無効にしています)"); } # More or less a copy of WP's "generic_ping" from functions.php, # but uses another function to send the actual XML-RPC messages. function SUP_ping_services() { $services = get_settings('ping_sites'); $services = preg_replace("|(\s)+|", '$1', $services); // Kill dupe lines $services = trim($services); if ( '' != $services ) { $services = explode("\n", $services); foreach ($services as $service) SUP_send_xmlrpc($service); } } # A slightly modified version of the WordPress built-in ping functionality ("weblog_ping" in functions.php). # This one uses correct extendedPing format (WP does not), and logs response from service. function SUP_send_xmlrpc($server = '', $path = '') { global $wp_version; include_once (ABSPATH . WPINC . '/class-IXR.php'); // using a timeout of 3 seconds should be enough to cover slow servers $client = new IXR_Client($server, ((!strlen(trim($path)) || ('/' == $path)) ? false : $path)); $client->timeout = 3; $client->useragent .= ' -- WordPress/'.$wp_version; // when set to true, this outputs debug messages by itself $client->debug = false; $home = trailingslashit( get_option('home') ); # the extendedPing format should be "blog name", "blog url", "check url" (whatever that is), and "feed url", # but it would seem as if the standard has been mixed up. it's therefore best to repeat the feed url. if($client->query('weblogUpdates.extendedPing', get_settings('blogname'), $home, get_bloginfo('rss2_url'), get_bloginfo('rss2_url'))) { SUP_log("- ".$server." への ping 送信が成功しました (拡張フォーマット)"); } else { # pinging was unsuccessful, trying regular ping format if($client->query('weblogUpdates.ping', get_settings('blogname'), $home)) { SUP_log("- ".$server." への ping 送信が成功しました"); } else { SUP_log("- ".$server." への ping 送信が失敗しました。 以下のエラーメッセージが返されました: “".$client->error->message."”"); } } } $post_title = ""; # Receives the title of the post from a filter below function SUP_post_title($title) { global $post_title; $post_title = $title; return $title; } # ----- # Log stuff $logfile = ABSPATH."wp-content/smart-update-pinger.log"; # for debugging function SUP_log($line) { global $logfile; $fh = @fopen($logfile, "a"); @fwrite($fh, strftime("%D %T")."\t$line\n"); @fclose($fh); } function SUP_get_last_log_entries($num) { global $logfile; $lines = @file($logfile); if($lines === false) return "Error reading log file (".$logfile."). This could mean that the wp-content directory is write-protected and no log data can be saved, that you have manually removed the log file, or that you have recently upgraded the plugin."; else { $lines = array_slice($lines, count($lines) - $num); $msg = ""; foreach($lines as $line) $msg .= trim($line)."
"; return $msg; } } # ----- # adds a filter to receive the title of the post before publishing add_filter("title_save_pre", "SUP_post_title"); # adds some hooks # shows the options in the administration panel add_action("admin_menu", "SUP_add_options_page"); # calls SUP_ping whenever a post is published add_action("publish_post", "SUP_ping_if_new"); # calls SUP_ping_draft when changing the status from private/draft to published # add_action("private_to_published', 'SUP_ping_draft'); # removes the "WordPress official" pinging hook remove_action("publish_post", "generic_ping"); # activates pinging if setting doesn't exist in database yet # (before the user has changed the settings the first time) if(get_option("SUP_ping") === false) { update_option("SUP_ping", 1); } ?> JASDF F-104&F-1 Platz | 空IKE飛行機! Blog - Part 2

アーカイブ

‘JASDF F-104&F-1 Platz’ カテゴリーのアーカイブ

F-1もほぼ塗り前状態です

2007 年 10 月 3 日 コメントはありません

今日のワンポイントツールのコーナーです(^^)


↑昨日スーパーで買ったフラットピックなる楊子状のヘラ(約200円)
楊子と違い先端が薄く削いでありパテや瞬着を盛る時に便利。
今までは必要に応じて自分で削いでたが、先端の幅は楊子より幅広なのでこちらの方が使いやすい。


F-1の方も内装をチマっと作る。
パーツはキャノピー含めてT-2と共用なので、単座用に後部の隔壁を追加。
やはり伸ばしプラ角棒やプラ屑メインで雰囲気重視でテキトーに。
マルヨンと同様に省略されているアンチグレアシールドを作り、キャンバス部分にアルミホイルを貼った。
機首ピトー管はいつも通り0.3mm真鍮パイプと0.12mm洋白線。真鍮パイプは中に洋白線を通して切らないと切り口が潰れるので注意。洋白線は塗装後に接着するが、穴が塞がるのを予防するのとバンパー代わりに差し込んでおく。
パイロットフィギュアはキットの付属品だが、色塗ればそれらしく見えると思い、膝裏とお尻を削り飛ばして少し姿勢を前屈みにした以外はそのまま。
そう言えばパイロットのフィギュアって、どれもヘッドレストにヘルメットが当たる位のけぞった姿勢ばかりだが、実際は後頭部とヘッドレストは結構離れてる筈。車の運転も同じだけど、6Gとかで旋回中ならともかく普段そんな姿勢じゃとっさの時に対応出来ない。どちらかと言うと前屈み位の方が、いかにも乗れてる感じでカッコイイと思うのですが・・・


↑毎度の各所アンテナ/センサー作り。この手のパーツはまとめて作っておくと後で色々使える。
マスキングテープに極薄プラ板と洋白線を仮止めし、瞬接でコーティング。硬化したらそのままペーパーで均して裏面も同様に仕上げる。あとはニッパーで適当な大きさに刻み、取り付け部にピンバイスで穴をあけて植えてやる。


機首先端は下面のカーブが不足している様に見えたので、0.15mmのプラ短冊を貼って瞬接で均して気持ちボリュームアップ。
上面のラインも少し直線的に削って調整した。各所センサー/アンテナ部に刺さってるのは0.1mmの洋白線。取付け穴が塗膜や削りカスで塞がるのを防ぐ為の物で、洋白線の先端をくの字に曲げてから差し込んでおけば作業中に抜け落ちにくくなる。
あとはコクピット塗ってキャノピー接着したらいよいよ塗装。

自衛隊機×2 基本塗装完了!

2007 年 10 月 2 日 コメントはありません

基本塗装終わりました。
現在デカール貼り完了していて、あとは細部の仕上げが終われば撮影/CG合成して今週中には完了出来る見込み。
今週は忙しくて更新出来なかったのでひとまず塗装工程の記事をば・・・


キャノピーのマスキングはいつも通りメタルックとメス刃ナイフを使用。
メタルックはマスキングテープより薄くてエッジのキレも良いのでオススメ。
クロームだと乱反射して枠モールドが見にくいので、余り売ってないツヤ消しタイプの方を数枚ストックしてある。
マスキングの細切りを枠部分に貼ってガイドとし、メタルックを綿棒で密着させながら貼ってカーブ刃のナイフでカット。
カーブ刃だと押しても引いてもカット出来るが、基本的にはコーナー部文に刃の先端を当て、軽く押し付けながら刃渡りの部分で徐々に回転させる様にカットすると奇麗に切れる。


F-104の方は204SQの#594号機、79年の赤帯戦競塗装。
コレ、写真がなかなか見つからなくて大変だった。
古い航空ファンのBN探せば載っているのだろうが、実家にあるのでチェック出来ず。
世傑のNo.104とイカロス出版の記念塗装機全集に各1枚載っているが、パネルラインを塗り残したヤヤコシイ塗り。(j_j)
翼上面も赤帯になっているが、下地がシルバーの胴体部は赤塗料が透けてくすんで見える様なので赤の色味を変えて塗り分けてみた。
兵装は胴体下にサイドワインダーのランチャー(プラッツ自衛隊ウェポンセットより)とAIM-9D?(プラッツのF-8付属)を1発だけ。
理由は知らないが戦競の写真を見ると1発だけ装備しているのが多い気がしたので・・・


F-1の方は3SQの#247号機、赤ストライプが入ったファイナルフライトの記念塗装。
実機写真はWEBでも見つかるし、J-WING別冊F-1や世傑No.117にも載っている。
兵装はセンタータンクと翼下パイロンにASM-1×2、AIM-9L×2(どちらも同ウェポンセットより)のフル装備(^^)
この記念塗装時にこんな装備で訓練もしていないと思われるが、どうしても洋上低空侵攻の絵にしたかったので・・・
戦闘機と言いながらF-1にとっては国産ASMによる対艦攻撃が唯一の花道・・・だしなぁ。
塗装図を切り抜いて型紙とし、上面の3色を先に塗って下面色は一番最後。
この方がマスキングしやすいし、塗り分けラインも奇麗に決まる。


ミサイル派手な方が好きだし、見栄えもするのでどれも訓練弾色に塗装。
細かいのでそれなりに面度臭い。
F-104用の胴体下ランチャーはウェポンセット1箱で1.5セットしか組めないが、1枠に2個ランチャーのパーツがあれば一箱で3セット組める様になるので、出来ればそうして欲しかったトコロ。
ミサイルは結構他のキットから流用出来るけどランチャーはそうは行かないし・・・


基本塗装が終わって両機そろい踏みの図。
3色迷彩も銀塗り分けもどちらも面度臭いが、塗り分けが細かいとそれだけで間が持つのも確か。
各所マスキングテープはエッジ部の塗装はがれ&破損防止用。
今日は子供の運動会。
デカール工程とウェザリング、完成画像はまた明日・・・

F-1 3SQ ラストフライト記念塗装機 完成!

2007 年 10 月 1 日 コメントはありません


F-1のラストフライト機、デカール貼りも終わってようやく完成・・・
今回本番用のカルトデカールが間に合わなかったのでアレコレ寄せ集めで何とか仕上げる。
赤ストライプと機番はMYKのクリアデカール+ALPSで自作。
MYKのクリアデカールは初体験、非常にフィルムが薄くデリケートで取り扱いに気を使うが、貼るとニス部も殆ど判らなくなる。
ALPSはプリンタドライバが基本的に古い物なので、MacOS10環境だと出力解像度が落ちる事を今回初めて知った。
Classic環境でOS9+Illustrator9で印刷するとジャギーなどがかなり押さえら
れ、今回の様に細いストライプもなんとか使用に耐えうる品質になる。
Windows Vistaにも対応していない様なので、ALPS使う人は古いOS機も処分は出来ない模様。
ついでにコーションデータも買い溜めてあるMYKのアシタのデカールを使用。
F-1用は2種出ているが、6SQのTAC MEETのがコーション類が細かく再現されている。
これも初体験だが、アシタのデカールは水につけるとバラバラになる物があると言う噂に怯えつつも、今回は何の問題も無く使用出来た。
乾燥後にニス部を剥がせるだけあり、糊がかなり強めなので水分を切らさない様に位置決めする事が必要。
ドキドキしながらニスを剥がしたが、ちゃんと乾燥時間をおけば問題なく剥がれてくれる。
ニス自体が’薄くてつや消しの為ほとんど見えず、剥がさずにクリアを掛けても問題無いと思われるが、ニス層は弾力のあるビニール系の素材の様で、何かの弾みで引っ掛けると浮いて来てしまうので丹念に剥がし作業をした。
国籍マークと一部注意書きは前回のF-1キットの物を流用。
前途の通りMYKのは糊が強いのでカルト製や自作デカールの上に貼り重ねる場合は、下地のデカールまで剥がれるのでニスは剥がせないと思った方が良い。
今回は何箇所か失敗して筆でタッチアップしたりと苦戦している。


ノズルはもっと見栄えがする筈だったがこれにてあきらめ&終了。
ASM-1は模擬弾だが発射可能らしいのでノズルを開口。


アンテナや迎え角センサー等を写真や図面を参考に追加。0.1、0.2mm洋白線とブラ屑にて・・・
薬莢排出ガイドも取付け穴だけ開口したが、作るのが大変そうなので諦めた。
細かい部分に手を入れただけコクは増していると思うが、基本的な工作が不十分なのでキレは無くなっている。
サフ塗って表面確認したりを繰り返すのが嫌いなので、基本工作のアラを細部のディテールの追加で補完しようと言う気持ちがあるのだろう。
でもサフ塗って磨き出したらいつまでたっても本塗りにたどり着けなそうな気もする。


飛行姿勢なので展示用にするにはベースが必要・・・ノズルに開口して丸棒が差し込める様にはなっているがどうやって固定するか思案中。
パッケージ用画像みたいに超低空洋上侵攻中!のベースにしたいと思っている。

Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes