アーカイブ

‘F-15DJ Eagle’ カテゴリーのアーカイブ

144 F-15J用地用展示set製作記 & 通信販売のお知らせ

2014 年 12 月 15 日 コメント 8 件
さて、いよいよ通販開始のご報告ですw 先日リンクバナーも設置しましたが、来年よりDAMEYA.netさんで私のキットを扱って頂ける事になりました。 実はヘタ郎さんとも夏頃から通販対応を考えていまして、専用サイトにカートシステム等も設置してテストだけしていたのですが、秋PでDAMEYA.netの夕凪さんに相談したところ快く承諾してくださったので、お言葉に甘えてお世話になることにしました。 通販だと送料もかかりますし、どうせななるべく一箇所に集まった方がアイテム充実するし、買う方もアレコレ選べて良いのでは?と考えます。 そんな訳でショップに掲載するサンプル画像を用意しているのですが、事情によりちゃんと仕上げたサンプルが手元に残っていませんで・・・せっせと塗装&組み立てしてる最中です。 MACH3の商品は現在技MIX対応の物がほとんどなのでそちらから手を付けました。 まずはゴッソリ買いだめしてある教導隊のF-15DJ、実は初めて組みましたが武装無しのクリーン状態なら箱開けてから完成まで1時間かかりません! 確かに後発のF-4やF-2は細部のディテールも細かくなって精密感も上がっているのですが、その分組立の難しい部分も増えていますし製作時間も結構かかります。 どうせ気になった部分は修正するのがモデラーの性ですから、個人的には塗装済みキットとしてF-15程度のバランスが一番好きです。 1_M3011_F15_Ladder パーツの合わせ目にはごく軽くペーパーを当ててますが、基本的にニッパーとカッター、流し込み接着剤があれば簡単にこの様な3色迷彩が出来上がります。さらに私は前脚を前後逆向きに取り付けると言う超絶テクを発揮でスよ(笑) ノズルのパーツは新たにカット済みのマスキングシートをセットにして箱入り販売になります。 秋Pで評判の良かった10個セットも追加でご用意しますよ〜 5_M3S01_x10Pnozzle ノズルだけ差し替えたの図。無改造で差し替え&純正の発光ユニット組み込み可能です。 Exif_JPEG_PICTURE そしてラダー&地上機材セット、F-4,F-2用も基本パーツは共通で、機体に合わせたラダー梯子(F-2は前/後席用)とバリケードや車輪止め、消火器のセットです。こちらは秋P時と内容に変更はありません。 F15Parts インストに安全ピンが両面印刷してあるので切り取るとこの様になるのです(笑) でも細っそいから頑張って下さい・・・これ位の作業になると裸眼で勝負!のこの頃です Exif_JPEG_PICTURE 適当にプラ版に色塗って配置してみました。ついでに夏にテスト造形したギャルも塗りました。 やはり面相で筆塗り時は裸眼がデフォになってます。 Exif_JPEG_PICTURE やはり自然光だとかっこ良く撮れますな。 実はF-15はキャノピー開状態に出来ませんが、やはりラダー引っ掛けたいのでパーティング消したついでにノコでカットして塗装補修しました。焦ったので切断中にクラック入りましたが、幸いあまり目立たない角度なのでそのままにしてます。 無塗装キットには開状態のキャノピーも付くようですが、F-15の枠とか一番塗りたくない仕様だしな〜、DJ型は無塗装出てないしな〜、トミテクさん塗装済キャノピー出してくれないかな(笑) Exif_JPEG_PICTURE 手乗りジオラマ。ギャルじゃなくてちゃんとガチムチ隊員フィギュア作る予定なんでちょと待ってて下さいね〜 Exif_JPEG_PICTURE 最後に日陰で逆光のショット載せます Exif_JPEG_PICTURE

1/144 F-15用F100エンジンノズル (技MIXフィット)

2014 年 8 月 20 日 コメント 6 件
え〜、画像だけ撮ってtweet済のF-15イーグル用ノズル、忘れてたのでblogに上げます。 その内誰かやるでしょ?と思ってたけど誰もやらないので・・・ アイテム的には3Dプリント向けで、単純な形状の回転複製で出来るのでデータ作成も数時間で終わりました。 ノズル関係なら沢山過去の遺産もあるしw 技MIXにフィットさせたのでパーツを採寸して内径/外形を決めていつものshadeでモデリング。 当然各所オーバースケールになるので、ディテール写真を元に主要な構造パーツだけ太く&厚くしてそれらしくなるようアレンジしました。 14-0717 163738 どうせ試作するならと、モノも小さいのでノズルの開閉、エンジン径の大小で4種類のデータを並べてみました。 やはりプラの肉厚でエンジン径はかなり小さめになってしまうので、特に電飾するなら胴体薄々攻撃でブットいエンジン突っ込みたいなとw 14-0717 163735 細部拡大・・・まぁ基本プリミティブで大したモデリングじゃないです。 ここまで拡大すると厚みが目立ちますが実際は全く気になりません。 DMMの肉厚ミニマムが0.2mmなのでそれに合わせていますが、実際0.2mm厚を見たらもっと薄くしたいとか思うレベルじゃないと思います。以前エッチングで0.06mmとかの薄いパーツでノスルを作ったこともありますが、薄すぎて?あまり存在感が出なかった経験があります。 アクチュエーターのロッドの隙間はルーペで見るとちゃんと抜けて造形されました。 厚み部分がちゃんと断面として肉眼で見えることもシャープさの演出に必要なのでは?と考えてます。 14-0717 163734 いつもの後処理不要指示にしたのでサポート付きのホクホク状態で届きました。 それでも今回は混んでいたのか時間が掛かって発注から一週間です。 14-0727 194908 せっかくだからアフターバーナーのフレイムホルダーも一体で造形ですよw ここはノズルのシートではトレペに印刷でやってた部分ですが、構造を少し単純化して雰囲気出るようにアレンジしてますが、普通はまずバレないですよ〜、てか自分でもどこアレンジしたか忘れてるし。 技ミックスなら無改造で電飾可能ですし、電飾すると3倍カッコいいぃ〜!(笑) Exif_JPEG_PICTURE いつものミッチャクロンプライマー塗って、ウィノーブラック、AlcladのChromeを吹き付けてでディテール確認。 積層痕を奥行き方向にするためにも複数個まとめてパーツ化と言うのは有効です。もしこれが2個だけだと確実に寝かせて造形されてしまい悲惨なことに・・・ ランナーで繋いで全体を一体化し、Z軸方向(高さ方向=一番積層痕が目立つ方向)を一番短い辺にすることで対処できます。この場合ノズルの全長が25mm程なので造形物の幅と奥行き(x,y軸寸法)が25mm以上になるよう調整しました。 Exif_JPEG_PICTURE ま〜デジカメ画像だと程よくシャープネス掛かってるので実際よりギザギザに見える感じですが、個人的には満足行く仕上がりとなりました。 積層痕とディテールがどっちつかずで、メタリック塗装するとギーガーとかのアレな感じに見えますが、実機の訳分からないゴチャゴチャ感は出てるかと思います(笑) ノズル基部の部分だけはペーパーで慣らしたほうが良いかもです。 比較用画像は下から技MIXパーツ、開ノズル、閉ノズルとなってますので拡大画像で御覧ください。 14-0729 154535 と言うことで、これも11月の秋Pで販売予定ですのでよろしくお願い致します〜 あ、これわ安いから!6個とか12個セットとかのグロス売りも検討してます。 たぶん2個で500円しない価格になります。予備用に3個setで500円かなぁ・・・
Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes