aka) Author: Christian Davén Version: 2.0 Author URI: http://www.daven.se/usefulstuff/ */ # adds an options page to the options menu function SUP_add_options_page() { if(function_exists("add_options_page")) add_options_page("Smart Update Pinger", "Smart Update Pinger", 5, basename(__FILE__), "SUP_show_options_page"); } # shows the options page function SUP_show_options_page() { $ping = get_option("SUP_ping"); $uris = get_option("ping_sites"); $pingservicesnow = "今すぐ ping を送信!"; if(isset($_POST["ping"]) && $_POST["ping"] == $pingservicesnow) { SUP_log("手動で ping を送信中 ..."); SUP_ping_services(); } elseif(isset($_POST["submit"])) { $uris = $_POST["uris"]; $ping = 0; if($_POST["ping"] == 1) $ping = 1; update_option("SUP_ping", $ping); update_option("ping_sites", $uris); echo '

設定を保存しました.

'; } $checked = ''; if($ping == 1) $checked = 'checked="checked"'; echo '

ping 送信先のサーバ

以下に登録されている ping サーバへは記事を投稿する際,自動的に ping 送信や更新通知がなされます。WordPress が通常行うような,以前書いた記事の編集時ではありません

注意: このリストは オリジナルのアップデートサービスリストと同期します。.

複数サーバを登録する際は改行で URI を分けて下さい

Ping 送信ログ

このプラグインのログです(下に行くほど新しいログです)

'.SUP_get_last_log_entries(20).'

'; } # telling WordPress to ping if the post is new, but not if it's just been edited function SUP_ping_if_new($id) { global $wpdb, $post_title; if(get_option('SUP_ping') == 1 and get_option('ping_sites') != "") { # fetches data directly from database; the function "get_post" is cached, # and using it here will get the post as is was before the last save $row = mysql_fetch_array(mysql_query( "SELECT post_date,post_modified FROM $wpdb->posts WHERE id=$id")); # if time when created equals time when modified it is a new post, # otherwise the author has edited/modified it if($row["post_date"] == $row["post_modified"]) { if($post_title) SUP_log("Pinging services (new post: “".$post_title."”) ..."); else SUP_log("Pinging services (新規の記事の投稿) ..."); SUP_ping_services(); # Try commenting the line above, and uncommenting this line below # if pinging seems to be out of order. Please notify the author if it helps! # generic_ping(); } else { if($post_title) SUP_log("NOT pinging services (“".$post_title."” の設定が変更されました)"); else SUP_log("NOT pinging services (記事が編集されました)"); } } else SUP_log("NOT pinging services (管理者が ping 送信を無効にしています)"); } # More or less a copy of WP's "generic_ping" from functions.php, # but uses another function to send the actual XML-RPC messages. function SUP_ping_services() { $services = get_settings('ping_sites'); $services = preg_replace("|(\s)+|", '$1', $services); // Kill dupe lines $services = trim($services); if ( '' != $services ) { $services = explode("\n", $services); foreach ($services as $service) SUP_send_xmlrpc($service); } } # A slightly modified version of the WordPress built-in ping functionality ("weblog_ping" in functions.php). # This one uses correct extendedPing format (WP does not), and logs response from service. function SUP_send_xmlrpc($server = '', $path = '') { global $wp_version; include_once (ABSPATH . WPINC . '/class-IXR.php'); // using a timeout of 3 seconds should be enough to cover slow servers $client = new IXR_Client($server, ((!strlen(trim($path)) || ('/' == $path)) ? false : $path)); $client->timeout = 3; $client->useragent .= ' -- WordPress/'.$wp_version; // when set to true, this outputs debug messages by itself $client->debug = false; $home = trailingslashit( get_option('home') ); # the extendedPing format should be "blog name", "blog url", "check url" (whatever that is), and "feed url", # but it would seem as if the standard has been mixed up. it's therefore best to repeat the feed url. if($client->query('weblogUpdates.extendedPing', get_settings('blogname'), $home, get_bloginfo('rss2_url'), get_bloginfo('rss2_url'))) { SUP_log("- ".$server." への ping 送信が成功しました (拡張フォーマット)"); } else { # pinging was unsuccessful, trying regular ping format if($client->query('weblogUpdates.ping', get_settings('blogname'), $home)) { SUP_log("- ".$server." への ping 送信が成功しました"); } else { SUP_log("- ".$server." への ping 送信が失敗しました。 以下のエラーメッセージが返されました: “".$client->error->message."”"); } } } $post_title = ""; # Receives the title of the post from a filter below function SUP_post_title($title) { global $post_title; $post_title = $title; return $title; } # ----- # Log stuff $logfile = ABSPATH."wp-content/smart-update-pinger.log"; # for debugging function SUP_log($line) { global $logfile; $fh = @fopen($logfile, "a"); @fwrite($fh, strftime("%D %T")."\t$line\n"); @fclose($fh); } function SUP_get_last_log_entries($num) { global $logfile; $lines = @file($logfile); if($lines === false) return "Error reading log file (".$logfile."). This could mean that the wp-content directory is write-protected and no log data can be saved, that you have manually removed the log file, or that you have recently upgraded the plugin."; else { $lines = array_slice($lines, count($lines) - $num); $msg = ""; foreach($lines as $line) $msg .= trim($line)."
"; return $msg; } } # ----- # adds a filter to receive the title of the post before publishing add_filter("title_save_pre", "SUP_post_title"); # adds some hooks # shows the options in the administration panel add_action("admin_menu", "SUP_add_options_page"); # calls SUP_ping whenever a post is published add_action("publish_post", "SUP_ping_if_new"); # calls SUP_ping_draft when changing the status from private/draft to published # add_action("private_to_published', 'SUP_ping_draft'); # removes the "WordPress official" pinging hook remove_action("publish_post", "generic_ping"); # activates pinging if setting doesn't exist in database yet # (before the user has changed the settings the first time) if(get_option("SUP_ping") === false) { update_option("SUP_ping", 1); } ?> F-14 Tomcat VF-1 | 空IKE飛行機! Blog - Part 2

アーカイブ

‘F-14 Tomcat VF-1’ カテゴリーのアーカイブ

トムキャット フラップダウン

2009 年 10 月 5 日 コメントはありません

今日は涼しくて快適ですね(^^)

今宵はISSも目出たく目撃出来、希望の星よろしくリフレッシュ出来ました。
引き続きRevellの144トムキャット
いよいよフラップダウン工作です。
今までのワタシの動翼作動状態の工作てぇと「キットのスジ彫りに切れ込み入れて折り曲げる」だけでしたが、今回はなるべくちゃんとしとこかと(^^)
モノが細かいので色々悩んだ末ですが、結局プラ板を使ったオーソドックス&チマチマ工作に落ち着きました。


まずは思い切って動翼部を切り離します。
エッチングノコでスジ彫りを深くして行き、そろそろ飽きたら折り曲げてちぎり取ると言ういつもの荒っぽい方法。
スラットは上下で分割線が違うので下面に合わせて切り飛ばし、上面はプラ板一枚分彫込んでおきます。
落ち込んだエッジの部分だけ木版画よろしくナイフで彫っておき、あとはカッターのカンナがけで整形。やってみると何とかなるものですね。


フラップの方は1mmの半丸プラ棒を切断面に接着して整形。
切り離したスラットは使用不能なので0.14mmの薄プラ板を2つ折りにして使いました。
カッターで折り線にスジを入れ、接着剤を流し込んでから曲げると折り線で割れずに曲げられます。持つトコが無くなるので外形に切り出すのは曲げた後じゃ無いと無理ですヨン。


ヒンジの工作&取付け・・・僅かな隙間が精密感を増すハズ。
実機はこんなに大きくスキマ空いてまへんで・・・
でもスリットってセクシーだからウソでも強調しちゃうワタシ(^^)
模型は演出やで!ジッサイ・・・

ま〜、0.5mmの平ノミでヒンジ部分を凹型にくり抜き、0.5mmのストリップでヒンジを作り接着。最初に2点留めで角度を決めておき、乾燥後に残りのヒンジを埋め込み接着しました。
ついでに主翼下面のフラップ前方にあるフラップギャップドアも上げ状態に削りました。
ホントは左主翼だけでもスポイラー開にしたかったんですが今んトコ全力でスルーしてます(笑)
スポイラーは自動で制御してる様ですが、着艦の動画等みてると片翼4分割のスポイラーがこまめにパタパタ動いて印象的なんスよね・・・
スラットの方は前翼断面に0.3mm真鍮線を埋め込み、スラットをマスキングテープで仮止めしてから流し込みの瞬椄で固定。
0.14mmだと2つ折りにしてもペナペナなので、平面に仮止めして前縁部に裏側から瞬椄を流し込んでおくとかなり強度アップ出来ます。


ベースの方は作り直してVer.2です。
表面の滑り止め塗装、前回はラッカーシンナー塗ってボカシ刷毛で叩いて凸凹にしましたが、面積が広いとメンドいので今回は新術開発だってばヨ!
ラッカーシンナー塗るのは同じですが240番のペーパー当てて裏からヘラで思いっきりシゴいてモールド転写!と言う荒技です。
でもシンナーの塗り方やヘラの力加減で均一でない表面になるので、上手くやれば表情付けるのも簡単そうです。
目地とパッドアイ部、今回プリンタで直接印刷が出来なかったのでカッティングマシンで下描き代わりに切れ目入れました。ま〜反則ですねコレ
その後ヒートペンでパッドアイをモールド、スジ彫りを施して一応完了。
鋼板の目地割、前回はパッドアイ5個で一枚としてましたが、色々資料を見たり検討の結果7個で1枚としました。
実寸に直すと6x3m位になりますが、これだと縦横比がほぼ1:2だし、鋼板のサイズとしても自然な縦横比率なので自分を納得させました。

余談ですが長さの単位である1フィートと1尺、実はほぼ同じって知ってましたか?
1インチ=25.4mm、1寸=30.303mmなのですが、
1フィート=304.8mm、1尺=303.03mmになります。
だからベニア板やアクリル板等、日本の3×6(尺)板もアメリカの3×6(フィート)板もほぼ同寸になるんですね。
つまり1フィート=12インチだからなのですが、10進法に慣れてるとついつい換算を間違えるので注意です。インチ&フィートで描かれた図面資料を参考にする時は特に注意ですヨ・・・(経験者談)
コレが原因でスケールモデルで全長間違ってたりするキットもあるんでしょうかね?さすがにそれは無いか(笑)
ついでにマイルになると何故か8進法?になったり、ドコに得が有るのか良く解らない体系使うのは何故なんでそ? 日本語字幕や翻訳家の方、フィート/ノット表記ヤメレ!m/Kmにシル。
でないと私の様なアホにはなかなか想像出来ないんで(j_j) 出来れば海里もキロで言ってホスイです。パイロットや船乗りじゃないんだから、日本で一般人に通用するのはメートル法以外は尺と坪だけやデ・・・と(^^)


ベースに配線端子用の穴を開けて仮置きしてみました。
これで大分完成が見えて来ましたヨ(^^)
フライトデッキをガシガシ汚し塗るのは楽しそうです。


傾いてるやん! ってワザとですモチロン。
前脚と左主脚はフルボトム、右主脚はちょい伸び状態でオオゲサに傾けてます。模型は演出やで! <誰のマネ?
実は左主脚はオレオ部に真鍮線を埋め込んで少し伸ばし気味に固定したのですが、ベースに置いてみると思ったより傾きが付かなかったので、又してもスペアのキットからもぎ取りました。ホントにあちこちツギハギで苦労が忍ばれます(笑) 決してウケ狙いのわざとじゃないんですマジで。
多少の価格アップは容認するのでレベルも2機入りにしてくんないですかねぇ・・・

公開日時: 2009年9月8日

トムキャット 金属工作&士の字

2009 年 10 月 4 日 コメントはありません

10日深夜のH-IIVロケットの初打ち上げ、ライブ中継で見てました・・・ネムイす(^^)
HTV打ち上げ、分離成功にささやかなチューハイ、もとい祝杯を上げました。
やはりナマで見る動画は画面の荒さに関係無く盛り上がりが違いますワ。
思わずジーンと来たダス。
普段ニュースで録画映像みても「フーン・・・」てなモンですが(^^)

リフトオフの数分後「ただいまの速度、秒速6km」などと、聞きなれない数値が淡々とアナウンスされてるので電卓叩いてみたら・・・時速2万キロ越えてますなコレわ(^^)
ちなみに拳銃の弾は初速300〜400m/s程度、結構高性能なライフルでも1500m/s位だそうですから、6000m/sのHTVは後ろから狙撃されても弾が追い付けない計算スね(笑)

で、850m/s程度の最高速しか出ないトムキャットの続きデス。
↓フライトデッキ追加工作

色々な写真を見ると、デッキ表面の仕様はどうも滑り止め処理済の鋼板を貼った後で、進行方向の目地だけ滑り止め処理をしている様に見えます。
目地塞ぎのテープ等を貼っているのか塗装で処理してるのか判りませんが光線の当たり具合で結構目立つ部分です・・・とにかくマスキングしてラッカーシンナーで溶いた#500サフを固めの刷毛で塗りました。


機種下面のスパローランチャー部、接着ミスで胴体と隙間が空いたので剥がしてプラ材でつっかえ棒してやり直し・・・剥がした時にパーツ破損の結果、この部分も黒パーツに(^^)


水平尾翼の後端にある後方警戒アンテナが省略されているので、丸プラ棒を削って埋め込みました。キットの翼が厚めなのであまり目立たないんスが・・・


まだどうやって作るか決めてませんが、着艦ワイヤーは伸縮性のある素材で作り、機体にテンションかけてピンと張りたいので着艦フックを可動にしました。
ある程度強度が欲しいのでプラは敬遠して真鍮工作で。
フックのバーは0.8mm線にヒンジ用の穴を0.4mmで開口(1度失敗&ドリル刃1本破損)。0.2mmの帯金をコの字に曲げ、0.3mm線でヒンジを通して完成。
フックも0.2mmを曲げて削って作り、各所固定はハンダ付けしました。
実機は左右方向へも動くユニバーサルヒンジですが、ある程度遊びを持たせて左右にも動く様にしました。
ハンダ付けはフラックス使うと全然作業性が違いますねぇ・・・知らなかったス。
ハンダは瞬椄よりも素早く強固に固定できますが、失敗すると余分なハンダを取り去るのが大変です。結局カッターなどで削り落としましたが、何か良い方法って有るのでしょうか?


着艦フック基部にはナンかが出る穴があるので0.5mmの真鍮パイプで追加。
どうせ誰もこんなトコ見ないけどぉ〜


フェニックスのランチャーも後面に穴を開けてそれらしく・・・
2発だけ装備するので後列のランチャ−は付けませんが、そうなるとこの辺のモールドもノッペラで寂しい気がして来たり・・・


めでたく士の字・・・だけど垂直尾翼がまだですね。
普段ならここまで進めばキャノピーも接着してあるハズですが、あちこち開いてる関係でマスキング&塗装をどうするか悩んでます。
機体の形状も入り組んでるので筆塗りも考えましたが、多分上手く出来ないしハイビジだからなるべく綺麗に仕上げたいし・・・(^^)

いつもの事ですが、こうしてゴールが見えて来ると、次に作りたいキットや資料に目移り。大変危険な蜜柑の香りが漂いはじめます・・・
も〜アレもコレもやりたい状態で、作業机の周りは資料とキットがとっ散らかってます。
無くしたと思って作り直したエアブレーキのパーツ、何故かF-2の資料本に挟まってるのを昨日発見 orz…

公開日時: 2009年9月11日

トムキャット フライトデッキ完成 〜機体は塗り前段階・・・

2009 年 10 月 3 日 コメントはありません

1/144トムのノズル発光ディオラマ・・・
相変わらず細部工作です。
ミサイル関係はロケットモーター部に開口&丸モールド追加しました。
Tomcat AIM54 AIM9 AIM7

大戦機で機銃口開けるなら、この辺もおろそかに出来ぬトコロです(笑)
開口すると断面が真円になってないのがバレやすくなります。
今回コダワリの素材はLS/アリイのフェニックス、PLATZのスパロー、サイドワインダーはPLATZのが品不足につきレベルのをそのまま使いました。
AIM-9Lはなかなか良いのが無いです・・・PLATZのがベストと思いますけど1箱に3本しか入ってないのですぐ足りなくなります(j_j)
AIM-54はレドームのカーブとシャープさでLSの奴が好み。20年経っても色褪せないモールドです。
大して変わらないと言えばそうですが、違うと言えば違う・・・ほぼ自己満足のビミョーな領域・・・

△モールドは埋めます
とうとう覚悟を決めてキャノピー接着!
右側には何故かDangerの赤▼ステンシルが凹モールドされてるので埋めます。
シアノンはラッカー系で染色出来るのを知り、ちょっと黒混ぜた奴で埋めました。
その後黒いシアノンを発見して購入・・・白いのも一年経つけどほとんど減ってないのに(^^)
幸いまだゲル硬化はしてません。

脚カバー
脚カバーはパーツの表側を薄く削って0.15プラ板貼って段差付けました。
ヒンジとかも適当にプラ屑ででっち上げます。

前脚扉と追加工作
前脚柱は縮める為に切り飛ばしたリンクとランチバー先端に追加工作。
やりだすとキリが無いので程々で止めます。

フライトデッキ塗装
デッキの塗装は勢いで終わらせました。
ベースにラッカー系の艶消しグレーを塗って水性アクリルとガッシュでライン塗りやドライブラシ、エナメルでスミイレ後にパステル/タミヤのお化粧セットでタイヤ痕など描き込みました。
タイヤ痕なんか20年ぶりに溝引きテクをつかいましたヨ(笑)
こう言うウェザリングはやってる最中はとても楽しいんですが、終わってみるとヤリスギ君な感じ(j_j)
ガキの泥遊びといっしょスねぇ・・・これからは節度を持って泥遊びをせねば(笑)
公開日時: 2009年9月23日

Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes