アーカイブ

‘Helicopters’ カテゴリーのアーカイブ

1/144 2t/3t 牽引タグ 海自護衛艦 DDH搭載タイプ

2015 年 11 月 20 日 コメントはありません
秋Pへご来場の皆様、今年も雨の中ご来場いただき有難うございました 自分的には夏以降どっぷり模型に浸かって居たのですがハタから見るとそうは思えない事でしょう(笑) ともかく6月時点でとっくに出来てた3Dプリント品をProject144展示用に塗って仕上げたので4ヶ月?ぶりに更新です。 ホントはイベント前にやらなきゃですが、すっかりTwitterの気楽さに甘えてしまって画像も保管場所が統一されて無くて大変です。 まぁ他にも色々出来てますのでこの週末にまとめて更新する所存です。 まずは海自の護衛艦、DDH用の眼環とTowタグを一部データ流用にてお気楽に仕上げる構想です。 ジオラマ化するに当って楽そうな完成品探しましたが、エフトイのSHはちょっと塗装の仕上がりがイマイチで脱衣&リペイントの必要有りでしたので、お高いAvioni-xの中古ダイキャスト完成品をオクで購入して使用しました。 最新艦、DDHかが・・・のつもりでハセ1/700いずものインストを拡大して大まかなレイアウト作成しました。 UH-60Jはかがには着艦しないよねきっと。でも技ミックスでSH-60Kが出たら丸ごと差し替えるからおkとしておきます。出る予定はないですけど IMG_0481 DDHの眼環は1.5φ(造形品は1.4φ)で開口仕様にしました。今回は電飾するのでまずは光ファイバー用の穴をピンバイスで開けます。 IMG_0487 その後眼環部に開口して表面にタミヤの情景テクスチャーペイントを筆塗り、ジョイント部をマスキングして二度塗り、ベース塗装でこの状態です。 たぶんターナーとかのアクリル絵の具系テクスヤーマテリアルのOEMなんでしょうけど粒子も荒過ぎず、まぁいい感じに仕上がると思います。値段は高いけど(笑) IMG_0488 そしたら裏から塗装済の眼環パーツをゼリー状瞬着で止めていけばオッケーです。ランナーは出っ張り過ぎない為のストッパーを兼ねるので綺麗に切らなくてOK。ただし1.2mmプラ板指定になっちゃいますけど・・・ IMG_0493 光ファイバーは0.8mm使用、たぶん10年位前に100均で買ったアクセサリバラした奴。埋め込み元にプラパイプ入れて角度がなるべく直角になるようにしています。 ファイバーは光源側でまとめて引き回し、裏面からアクリルは接着剤で固定して表に出っ張った部分をアルティメットニッパーでカットしました。 こうすると大事な発光面に切断痕が残ることも無く、片刃のニッパーは光ファイバーには特に効果的です。 Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE[/caption] まぁ発光テスト兼ねて仮置き検討ちう・・・右下はデッキの縁なんだけどその外側をどうするか最後まで決めきらず・・・結果メカ丸見えの素通し状態となってます(笑) Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE[/caption] 新旧織り交ぜて他のフィギュアと同時進行で塗装しました IMG_0523 これがパーツ図です 海自用の3tタグは前後に係留用のフックが溶接されています。 2tタグは搭載されていないようですが地上基地では見かけます。こちらはボンネット上に積載用のバスケットとフロントミラーを追加しています。 あとは個人的にメインとなるヘリコプター用牽引装置、車両用チョーク、Towバーその他のセットになります。 フィギュアもポーズ替えで牽引部の操作/確認をする捻ったポーズにしています。車両の基本形状は同じですのでもちろん空自タイプのタグにもそのまま流用可能です。 主役の機体は今んトコ艦上機が無いので地味めになりますが、オスプレイとかSH-60などでジオラマ作ってみては如何でしょうか? JMSDF_2t:3tパーツ図カラー ベースはそれなりに時間かかりましたが主役が完成品のポン置きなもんで途中で飽きた模様・・・まぁ適当に配置して撮影しました・・・ Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE[/caption] 結局おねいさんも立たせてしまうんですね。 Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE[/caption] というわけで眼環セットと海自用タグトラクターセット、近日発売予定です。 今年の秋からアマゾンでの扱いも始まりましたのでそちらでもご購入頂けます・・・まぁご想像の様に大して儲かりませんが新製品開発費のお布施としてお買い上げ頂ければ幸いです。(笑)
Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes