アーカイブ

‘P-47D Thunderbolt’ カテゴリーのアーカイブ

P-47D-15-RE 56thFG/61stFS

2008 年 8 月 8 日 コメントはありません

PLATZのP-47画像がやっと出来ました。
レザーバックのボルトです。
こいつも地上攻撃シーンとしてみましたが、どうなんでしょうか<何が?

胴体は新金型で細かいモールドまでいつも通り非常にシャープに成形されています。
パーツの合わせも全く問題無くすぐに形になります。
左右主翼と一体の胴体下面が若干小さめで僅か〜に段差が出来ます。
カウリングも下半分が若干小さめなので、胴体接合部の下半分を少し削っておくと良いかもです。

今回は正規板デカールが間に合わなかったので流用+ALPSプリンタ+手描きでなんとかでっち上げました。

キャノピーは薄く出来ている物の、スケール的に実機の構造通りには再現出来ないのが辛い所。今回は少しでも薄く見せるため、キャノピー後半部の内側は機体色で塗ってます。
ミラーが丸形の様なのでWAVEのリベットパーツを追加、谷線がはっきりし過ぎの感が有る背中のラインですが少しだけ弄りました。
断面形で言うと上端を少し尖らせ、肩部分までなだらかに繋がる様にパテで整形しましたがあまり上手く行きませんでした・・・(j_j)
胴体後部のラジエター扉は四角く凹んでいるだけなので薄いプラ板で斜めに落ち込んだ扉を作ってやると良いでしょう。

Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes