アーカイブ

‘F6F Hellcat’ カテゴリーのアーカイブ

F6F-5 Hellcat Minsi III McCanpbell

2009 年 2 月 25 日 コメントはありません
ヘルキャットのF-5型パッケージ用画像です これが中々出来なかったのでトムキャットは144コンに間に合いませんでした・・・と言う事にしといて下さい(^^) 零戦目掛けてダイブしてく地獄猫です キットの方はキャノピー、カウリング、胴体パーツ(操縦席後部窓無し)が追加になっています。 F-5は全面シーブルーでどれも地味〜な感じ?ですが塗装は楽かもしれませんね(^^) F-3同様、背中のライン等をちょっと削ってます・・・ ZiMBaさんに倣って主翼の上半角も少し下げました。 今回も製品用のカルトデカールが間に合わずALPSで刷りましたが、撃墜マークは潰れて判読不能だったのでPhotoshopで描いてます。 MYK DesignさんのF6F用も使っていますが、剥がせるニスは今回もハズレの様で、ニスの糊が強すぎ&フィルムが薄すぎで、下地を痛めたり全部剥がれなかったりで苦労しました。 今後はニスは剥がすもの・・・と割切って多少厚めのニスフィルムにしてもらった方が有り難い気がします・・・ 同じMYKさんのクリアデカールは、フィルムの薄さ/丈夫さ共に自作デカール用としては現時点で最高だと思いますので、ニス無しに拘るよりもいっそこのフィルムにシルク印刷して出してくれないかとさえ思ったり・・・(^^) トコロでラフベリーサークルてどんな感じなんでしょか? netでテキスト資料しか探せなかったので今イチ機動とメリットが良く解りません・・・ PLATZの次の新製品はA-4スカイホークだそうですが、ウワサによると今まで以上に繊細で正確なキットとなる様で期待大!ですヨ(^^)

F6F-3 VF-27 Hellcat

2008 年 10 月 3 日 コメントはありません
大戦中にグラマンと言えばコレ・・・ヘルキャットがやっと出来ました 世傑に何枚か同じ様なアングルが載ってますが、風防開けてカメラに視線くれてる絵にしたかったので、PET材でキャノピーを絞りプライザーの陸軍パイロットを首チョンパして持って来ました。 デカールは当然ながらシャークマウス(キャットマウス?)含むです。 他にVF-9の赤縁★マークとVF-4の地味〜な上面グレイx白が付属します。 いつにも増して小さくて細いパーツが沢山あるのでパーツ切断時にも注意が必要です。 FM-2でも苦労したけど、このスケールでトライカラーてのはかなり面度臭い・・・実機では同じシーブルーでも塗る場所によってツヤの程度を変えてたなんて知らんかったっす。 ま〜どうせその通りに塗っても下手糞に見えるだけだろうと思い、いつも通り全面半ツヤに統一してパステルでウェザリングしますた。(^^)
Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes