アーカイブ

‘LEDの制御’ カテゴリーのアーカイブ

飛行機モデル マイコンLED電飾キットとノズル用シート

2013 年 12 月 30 日 コメントはありません

あと1日、今年ももう終わりですね
先日の浅草橋でお買い上げ頂いた皆様、有難うございました
おかげさまでマイコン+LED電飾キットの方は売り切れ、ノズルのシートも3機が種売り切れとなりまして、年越しのモチが買えました。有難いことでございます。
パーツその他を補充して来年の秋Pで再度販売できるか?、どうせなら改修してもっと良い物が出来ると良いのですが・・・

売り物がどんなモノだったかはこちらをご覧頂くとして、頒布品の補足的な記事を上げさせて頂きます〜・・・なんか記事がスゲェ長くなっちゃいました(笑)
まずはマイコン+LED電飾キット関係について

私なりに頑張ってインストを作りましたが、補足的な意味で画像と説明をUP致します。
言葉や画像ではなかなか説明しにくい事ですが、何かの参考になれば・・・
Exif_JPEG_PICTURE
左端はシャープペンみたいだけど0.3mmのハンダフィーダー、工夫すれば市販の0.3mmシャープも使えるかもしれませんが、ハンダ入れるのが面倒くさいでしょうね。この様に人差し指で芯出し出来るサイドクリック式じゃないと使いにくいです。中央は先平のピンセット、強度があるのでパーツを弾きにくく、配線を曲げたり強く押さえる事が出来るので重宝してます。右は髪の0.1mm径のポリウレタン銅線、太い線を使った場合は強度が有り過ぎ、線が撚れたり曲がった時にチップLEDの端子ごと剥離して破損してしまいます。
ハンダ付けの難易度は上がりますが、チップLEDを模型に組み込む場合はこれくらい細いほうが後々の取り回しが楽です。

Exif_JPEG_PICTURE
4.5Vの電池BOXとピンコネクタ、CRD(定電流ダイオード)を組合せたチップLEDの点灯テスト用バッテリー。
ピンの先端をチップLEDの幅に合わせて曲げてあるので、LEDの裏面から端子を抑えれば点灯試験が出来ます。
チップLEDはパッケージから出しちゃうと発光色も判らなくなるのでこういうモノが有ったほうが良いです。CRDは5mAの物を使用していますが、CRDの代わりに470Ω程度の抵抗を使えばプラス/マイナス関係なく接続出来て簡単です。
Exif_JPEG_PICTURE
私もそろそろ老眼、キてるのでこれ、便利です。
特にクリップに逆作動のピンセットを挟めば両手がフリーになるのでハンダ付け作業も楽になります。
レンス基部のLED照明も影になりがちな中央部分をちゃんと照らしてくれますヨ。プラグイン入れたのでアマゾンのリンク貼っときますw


Exif_JPEG_PICTURE

チップLEDは使う分より多めに、なるべくまとめて配線してしまいましょう。上のように強力両面テープに端子側を上にして仮固定し、作業する人が多いようです・・・が、ハンダゴテの熱でテープの基材が溶けたり、熱で柔らかくなって保持力も落ちるので無いよりマシ程度に考えたほうが良いかもです。

 

Exif_JPEG_PICTURE

取り敢えず全ての端子にハンダを乗せていきます。シャーペンみたいなのが上記ハンダフィーダー。こういう時に太いハンダを使うとハンダゴテ側にばかりハンダがモリモリ付いちゃったりして作業し辛いです。

 

Exif_JPEG_PICTURE

ポリ銅線も先端をハンダメッキしてからLEDにハンダ付けします。銅線とLEDを結線する時にハンダフィーダーは使いません。あらかじめ両方に乗せたハンダを溶かしてくっつけるイメージですね。

 

Exif_JPEG_PICTURE

ついでにチップ抵抗にもハンダを乗せ、被覆を剥いた撚り線をハンダメッキした物でGND側を一気に繋ぎました。

抵抗のもう片方の端子にそれぞれのLEDのカソード(マイナス側)を繋げば配線終了です。また、こうする事でスペース節約と配線確認がしやすくなります。

 

Exif_JPEG_PICTURE

実際に模型に組み込む時間&根性が無かったのでアクリル板にレーザー彫刻してディスプレイ用のサンプルを作りました。上の画像の様に最初にマイコンと電源、抵抗をハンダ付けして、配線が終わったチップLEDを所定の位置にエポキシボンドで固定しました。

 

Exif_JPEG_PICTURE

その後各LEDとマイコンの端子をハンダ付けして行きます。邪魔な配線はマスキングで仮固定して瞬着やエポキシでアクリル板に点付けしていきます。

 

Exif_JPEG_PICTURE

作業完了。慣れないうちは面倒でもその都度点灯するか確かめながら次の配線に進めましょう。

全部まとめて作業してしまうと後で不点灯だった場合の原因究明が困難です。
ディスプレイの機体は技MIXトリビュートと言うことでファントムにしています。
点滅は見た目より消費電力も少なく済み、この場合単4電池x3本だと丸2日程度着けっぱなしは余裕でOKでした。

 

Exif_JPEG_PICTURE

そして難易度高めのQFPチップの配線です。ピン端子の幅が0.3mm、ピッチが0.5mmしか無いので、今回の様に1回路づつ結線するのは中々骨が折れます。

私は画像の様に0.3mm幅の洋白の帯金を8本まとめて等間隔で洋白のランナーにハンダ付けして1パーツにし、マイコン側へ一気にハンダ付けした後でランナー部分を切り飛ばして交互に折り曲げ、端子の間隔を広げて作業しやすくしました。
端子の間隔が狭いと隣の端子の作業中に一瞬触っただけでハンダが溶けてしまったりするので、いろいろ工夫が必要になります。
データシートでは5V端子とGND端子は内部的に接続されているようですが、出来れば外部的にも繋いだほうが良いらしいので今回はそうしてあります。ちなみに繋がなくてもちゃんと動作しました。

 

Exif_JPEG_PICTURE

マイコン部拡大、配線しやすいように点滅信号の出力は一辺(8端子)にまとめるようにプログラミングしています。

まだ電源のハンダ付けしか終わっていない状態ですが、右上の点滅信号用端子は洋白線を交互に折り曲げてハンダ付けしやすくしているのが判ると思います。

 

Exif_JPEG_PICTURE

LEDの配線が終わってエポキシボンドで固定&絶縁用のコーティングをした状態です。

配線自体が細いので、どの線がどこへ繋がっているか見た目ではわからなくなります。

 

Exif_JPEG_PICTURE

完成図。ディスプレイの絵柄は単発機で小さめの奴・・・と言うことでF-2にしました。

 

Exif_JPEG_PICTURE

続いてノズル用シートのレポートっす。

これもディスプレイ用にarduinoプログラムして点滅回路作りました。
6灯のLEDが順番にフェード点灯して、全部点灯した後にフェード消灯・・・を繰り返します。
ま〜普通に点きっぱなしでも良いんですがどうせならバーナーっぽく瞬いたほうが雰囲気出るし・・・ね。

と言うことで今回のラインナップは全7種!

GE J79の前/後期用(F-104他と長鼻ファントム)
PW F100 (F-16、F-15他)
GE F110 (F-16,F-2他)
GE F414 (F/A-18E他)
PW TF30(F-14A)
Saturn AL-31(Su-27)
以上になりました。

 

Exif_JPEG_PICTURE

シートは過去の物も全てアップツーデイトしました。F-14は最新トラペキットにフィットさせています。開閉両方に対応できる様にしました。

 

Exif_JPEG_PICTURE

AL-31 こいつもトラペのSu-27にフィット。やっぱ要るでしょ〜コレわw

リベットが良いアクセントになりますよ〜

 

Exif_JPEG_PICTURE

真ん中がF100エンジン、実機で印象的なNO PUSHのコーションも矩形モールドで入れました。

リングのリベットやパネルも有るので情報量増えますよ。

 

Exif_JPEG_PICTURE

左がJ79の後期タイプ、右が前期タイプです。前期用は生産性を上げるために判らない範囲でデータ単純化して2個セットに改修しました。

と言うことで取り敢えず補足事項終了。
そりではみなさん良いお年を〜 (・∀・)/~~

12/22 第10回模型コンベンション@浅草橋

2013 年 12 月 19 日 コメント 2 件

MEX

え〜、ご無沙汰しております。毎度の事ながら長らくの停滞と突然の更新ですw
今年の秋Pは台風で中止となってしまい、とても残念でした。珍しくちゃんと売り物用意していたのに・・・
代わりと言ってはナンですが、12/22日の浅草橋にヘタ朗さんとタッグを組んで出店致します。
かなりニッチな商品企画ですが、ご興味有る方はぜひ来て、見て、買ってくださるようお願い致します(笑)
どちらも少量数を頒布予定、通販とかオク出品は面倒なので予定していません。

さて当日のメニューですが・・・
メインのほうは、数年前から勉強中のプログラム書き込み済みのarduino+チップLEDその他パーツをセットにした
「飛行機モデル電飾キット」
arduinoチップも内部発振化して配線の手間を極力省いたので電源とLED/抵抗をつなぐだけで使用可能です。
アフターバーナー用の高速明滅や衝突防止灯、3連ストロボライトなど、異なる8種類の点滅パターンをプログラム済みで、必要なパターンのみ配線して使うことが出来ます。

↓サンプル動画
YouTube Preview Image
商品POP&説明書も加筆修正中ですがご紹介・・・
普通のDIPマイコン版
DisplayBase-F4

プログラムは全く同じですがより小型で上級者向けのマイクロチップ版
マイコンが10mm角、厚み2mm程度なので144の小型機にも余裕で内蔵可能です
DisplayBase-F2
以上2バージョン、数セットずつ販売予定です。
電子工作の初心者にも解りやすくまとめた(つもりの)自作説明書付き(^^)

で、電飾絡みでノズルのディテールパーツもリニューアルしました。
過去のデータも描き直し、合計7種を一気に出品致します。
光拡散/透過用にトレーシングペーパーにバーナーリングを印刷して、ノズルのカッティングシートとセットにしたものです。
これがまぁ値段の割に手間ばっかりかかるので、暇がないとなかなか用意できないアイテム・・・
↓現用機のノズルをずらっと開発。まぁ現用機の大半は揃ったですな。
NozzleC_up
↓発光サンプルのディスプレイ、バーナーリングがあるとなかなかのリアリティですよ〜
Exif_JPEG_PICTURE
↓F-14はトラペのキットにフィットさせました。OPEN/CLOSE両方に対応可。
Exif_JPEG_PICTURE
↓Su-27用、これもトラペにフィット。オススメっす
Exif_JPEG_PICTURE

ノズルも各タイプx10Setくらいは用意出来そうです。
7種フルセットで割安販売も予定していますのでこの機会にぜひ!
以上、私事ですがせめて当日の飲み代くらいは稼ぎたいモノです。<今頃告知してもおそいか w ちなみに同日同時刻、となりの部屋でP144のオフ会「蜜柑の木」も同時開催です。 こっちは完成品や作りかけを持ち寄って雑談したり情報交換したり・・・実はσ(゚∀゚ )ワタシ、オフ会メインなので早めに売り切れてオフ会突入したいですw 皆様売上にご協力の程よろしくお願い致します。
Mikan

F-16 RNLAF デモチーム 製作記 F-toys 1/144

2012 年 5 月 27 日 コメント 8 件

F-16の塗装乾き待ち中・・・
ひとまず出来てるトコまで製作記上げときます

Ftoys
FトイさんのF-16、迷彩機はオクでも結構な高値ですよね?
勿体無いので当時要らない子扱いだったサンダーバーズをIPA風呂で脱がしました。
パーツをバラしてIPA入りタッパーに浸け、ボウルに熱湯を張った中に浮かべて湯煎っぽく放置・・・黒系の塗膜は中々丈夫で膜のままペロっと剥がれる感じですが、白は粉々に溶解して簡単に落とせます。
頑丈な塗膜の部分は、あらかじめスジ掘りに沿ってカッター入れておくとIPAが染み込み易くなって良いと思います。
この頃は細かいマーキングが印刷じゃなくてデカール貼付け済ですわ。位置ズレしてるんで出来はともかくですが、手間はかなりかかってますね(笑)

Buener fuel ring
時間が無いから脚とか省略して飛行状態と思い、電飾仕込む為にいつものバーナーリングをaiで描いてトレーシングペーパーにプリントアウトしました。
元データの塗りを黒100%じゃ無くてCMYK全て100%の塗り(所謂リッチブラック)にしてカラー印刷すると透けにくくなって効果ありますよん。

垂直尾翼
MYKデカールから出ているオランダ空軍のデモチームにしたいのでWEBで資料を当たる・・・FトイのはBlock32・・・だっけか?
オランダのはもっと初期のBlock15辺りの改修版の様です。
垂直尾翼付け根が薄くてドラッグシュート付きなんでLS/アリイのXLから持って来ます。
私は最初ドラッグシュート部のみFトイに継ぎ足そうと思って条件反射的にカットしたんですが、尾翼付け根が薄いタイプと気付き、贅沢にもドラゴンの垂直尾翼にアリイのドラッグシュートを移植・・・と言うグダグダ仕様になっちまいました(j_j)
時間が無くても落ち着いて作りましょう。

インテイク
インテイクはビッグマウスっぽいのでオランダ空軍とは違うんですが、そこはスルーしてインテイクの上クチビルだけプラ版で延長してやりました。
一番奥に写ってるのは同様にリップを延長したFトイのF-2用、これやるだけでかなりカッコ良くなりますよ〜。
手前はLS/アリイのXL用パーツ。144のF-16系列ではベストと言える見事な形状で、初期Blockなら本来これをマンマ使えば良いんですが、幅と高さがFトイに合わなそうで時間短縮の為に敬遠しました。

翼内配線
ノズル発光の為に配線を引くのですが今回は両翼端のスモークポッドから引き込みました。翼下面に溝を掘ってリード線を瞬着で埋め込みます。
余談ですがこのスモークポッド、Smokewinderと呼ばれているらしく、本家サイト製作テスト時のMovieなどあってオモロいでス。

キャノピー
キャノピーは最近のFトイスタンダードみたいに内側に分厚いダボが無く、それなりに綺麗で磨くだけで使えます・・・と思ったら内側削る時に割っちまった(j_j)
ううぅ・・・泣いてる暇無いので超速攻で塩ビをヒートプレス・・・いまどきキャノピ絞るったらPETかアクリルだよね?
でもゴミ箱に捨ててあったパッケージが丁度良い薄さ加減だったんでね〜(^^)
塩ビは久しぶりに使ったけど低温で絞れるから楽で良いっすね。
Fトイのキャノピ削らずにそのまま雄型にしたから当然一回りデカくなるんだけどもぉ〜、急いでるから無理矢理くっつけちゃるわい。

ノズル
ノズル発光の図・・・カッコ良いっしょ?(笑)
LEDはオレンジのちょい大きめチップLED
SunsetColorと言うだけ有って燃える様な夕焼け色ッスね。
ノズル内部はPAK FAの余りシールで誤魔化しました。

ノズルCUP
FトイはF110エンジンなのでこれまたLS/アリイからF100のノズルを持って来ます(笑)
さすがのLS、小気味良いモールドでナイスですが内側を薄く削り、エッジ出し用に0.14プラ版を1枚貼りました。

Flare
デモ機だしどうせ飛行情景にするならカッコ良い場面をってコトで、フレア発射シーンにしま〜す。
フレアは白のチップLEDに0.3mm真鍮線と極細リード線をハンダ付けし、透明エポキシボンドで固めました。

調色
ベースカラーの調色・・・明るいオレンジは公式サイトやググって見るとFSナンバーも判明するんですが、どうやらメタリックオレンジでおまけにパールも入ってるらしいと言う、たとえ実機見ながらでも同じ塗料が無いと調色不可能な仕様(j_j)
WEB画像を頼りに想像力を膨らませつつ、クリアオレンジから金銀蛍光パールまで色々混ぜたんですが、シルバー混ぜるとどうしても色調が沈んでデカールの色とバランスが取れません。特に雑誌やWEBだと実際より鮮やかで色味も濃く乗ってるので難しいですね。
メタリックは諦めて明るめのオレンジ+パール上塗りとする事にします。

塗り前
キャノピーを透明エポキシで接着、機首IFFアンテナ(だっけ?)やSmokewinderのフィン、アンテナ類をプラ版で作って塗り前状態です。
ノズルは塗装/マスキング済ですが急いでたので写真撮ってないっスね(笑)

デカール貼り&ベース作りは次回です・・・あと2〜3日有ればコンテスト間に合ったけどなぁ(j_j)

Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes