aka) Author: Christian Davén Version: 2.0 Author URI: http://www.daven.se/usefulstuff/ */ # adds an options page to the options menu function SUP_add_options_page() { if(function_exists("add_options_page")) add_options_page("Smart Update Pinger", "Smart Update Pinger", 5, basename(__FILE__), "SUP_show_options_page"); } # shows the options page function SUP_show_options_page() { $ping = get_option("SUP_ping"); $uris = get_option("ping_sites"); $pingservicesnow = "今すぐ ping を送信!"; if(isset($_POST["ping"]) && $_POST["ping"] == $pingservicesnow) { SUP_log("手動で ping を送信中 ..."); SUP_ping_services(); } elseif(isset($_POST["submit"])) { $uris = $_POST["uris"]; $ping = 0; if($_POST["ping"] == 1) $ping = 1; update_option("SUP_ping", $ping); update_option("ping_sites", $uris); echo '

設定を保存しました.

'; } $checked = ''; if($ping == 1) $checked = 'checked="checked"'; echo '

ping 送信先のサーバ

以下に登録されている ping サーバへは記事を投稿する際,自動的に ping 送信や更新通知がなされます。WordPress が通常行うような,以前書いた記事の編集時ではありません

注意: このリストは オリジナルのアップデートサービスリストと同期します。.

複数サーバを登録する際は改行で URI を分けて下さい

Ping 送信ログ

このプラグインのログです(下に行くほど新しいログです)

'.SUP_get_last_log_entries(20).'

'; } # telling WordPress to ping if the post is new, but not if it's just been edited function SUP_ping_if_new($id) { global $wpdb, $post_title; if(get_option('SUP_ping') == 1 and get_option('ping_sites') != "") { # fetches data directly from database; the function "get_post" is cached, # and using it here will get the post as is was before the last save $row = mysql_fetch_array(mysql_query( "SELECT post_date,post_modified FROM $wpdb->posts WHERE id=$id")); # if time when created equals time when modified it is a new post, # otherwise the author has edited/modified it if($row["post_date"] == $row["post_modified"]) { if($post_title) SUP_log("Pinging services (new post: “".$post_title."”) ..."); else SUP_log("Pinging services (新規の記事の投稿) ..."); SUP_ping_services(); # Try commenting the line above, and uncommenting this line below # if pinging seems to be out of order. Please notify the author if it helps! # generic_ping(); } else { if($post_title) SUP_log("NOT pinging services (“".$post_title."” の設定が変更されました)"); else SUP_log("NOT pinging services (記事が編集されました)"); } } else SUP_log("NOT pinging services (管理者が ping 送信を無効にしています)"); } # More or less a copy of WP's "generic_ping" from functions.php, # but uses another function to send the actual XML-RPC messages. function SUP_ping_services() { $services = get_settings('ping_sites'); $services = preg_replace("|(\s)+|", '$1', $services); // Kill dupe lines $services = trim($services); if ( '' != $services ) { $services = explode("\n", $services); foreach ($services as $service) SUP_send_xmlrpc($service); } } # A slightly modified version of the WordPress built-in ping functionality ("weblog_ping" in functions.php). # This one uses correct extendedPing format (WP does not), and logs response from service. function SUP_send_xmlrpc($server = '', $path = '') { global $wp_version; include_once (ABSPATH . WPINC . '/class-IXR.php'); // using a timeout of 3 seconds should be enough to cover slow servers $client = new IXR_Client($server, ((!strlen(trim($path)) || ('/' == $path)) ? false : $path)); $client->timeout = 3; $client->useragent .= ' -- WordPress/'.$wp_version; // when set to true, this outputs debug messages by itself $client->debug = false; $home = trailingslashit( get_option('home') ); # the extendedPing format should be "blog name", "blog url", "check url" (whatever that is), and "feed url", # but it would seem as if the standard has been mixed up. it's therefore best to repeat the feed url. if($client->query('weblogUpdates.extendedPing', get_settings('blogname'), $home, get_bloginfo('rss2_url'), get_bloginfo('rss2_url'))) { SUP_log("- ".$server." への ping 送信が成功しました (拡張フォーマット)"); } else { # pinging was unsuccessful, trying regular ping format if($client->query('weblogUpdates.ping', get_settings('blogname'), $home)) { SUP_log("- ".$server." への ping 送信が成功しました"); } else { SUP_log("- ".$server." への ping 送信が失敗しました。 以下のエラーメッセージが返されました: “".$client->error->message."”"); } } } $post_title = ""; # Receives the title of the post from a filter below function SUP_post_title($title) { global $post_title; $post_title = $title; return $title; } # ----- # Log stuff $logfile = ABSPATH."wp-content/smart-update-pinger.log"; # for debugging function SUP_log($line) { global $logfile; $fh = @fopen($logfile, "a"); @fwrite($fh, strftime("%D %T")."\t$line\n"); @fclose($fh); } function SUP_get_last_log_entries($num) { global $logfile; $lines = @file($logfile); if($lines === false) return "Error reading log file (".$logfile."). This could mean that the wp-content directory is write-protected and no log data can be saved, that you have manually removed the log file, or that you have recently upgraded the plugin."; else { $lines = array_slice($lines, count($lines) - $num); $msg = ""; foreach($lines as $line) $msg .= trim($line)."
"; return $msg; } } # ----- # adds a filter to receive the title of the post before publishing add_filter("title_save_pre", "SUP_post_title"); # adds some hooks # shows the options in the administration panel add_action("admin_menu", "SUP_add_options_page"); # calls SUP_ping whenever a post is published add_action("publish_post", "SUP_ping_if_new"); # calls SUP_ping_draft when changing the status from private/draft to published # add_action("private_to_published', 'SUP_ping_draft'); # removes the "WordPress official" pinging hook remove_action("publish_post", "generic_ping"); # activates pinging if setting doesn't exist in database yet # (before the user has changed the settings the first time) if(get_option("SUP_ping") === false) { update_option("SUP_ping", 1); } ?> トムキャット再開〜胴体各所のチマチマ | 空IKE飛行機! Blog
ホーム > F-14 Tomcat VF-1 > トムキャット再開〜胴体各所のチマチマ

トムキャット再開〜胴体各所のチマチマ

2009 年 10 月 6 日 コメントをどうぞ コメント

え〜、ご無沙汰してます。
七夕以来更新が止まってましたが、いつの間にか秋めいてまいりましたね(^^)

今年の夏はさして暑くも忙しくも無かったですが、かといって制作意欲がミナギル訳でもなく、いつにも増してダラダラ過ごしてしまいました(j_j)
何故かすっかり料理の腕が上がった夏休みでした。
そんな充電期間だか放電期間だかを経つつも1年がかりのトムキャットを弄ってます。
11月にはまたP144展示会があるのでそれまでには・・・と言うつもり。
10月末まで参加者募集してますが、既にかなりの参加者が集まってますので今回もスゴく楽しみな所です。

トムの方は振り返ってみると思ったより更新してないですなぁ・・・
ちょっとづつ弄ってましたが面度臭くなると数週間放置・・・の繰り返しですからドコまで公開したか忘れるのも無理無しな感じです。
では、取りあえずノズル電飾の配線から・・・


バッテリはベース内蔵なので配線は脚から引くのが一番オーソドックスなのですが、オーソドックスに左右の主脚を+と-にするとなると、着艦シーンと言う事もあってかなり前傾姿勢で作るつもりなので、後方から覗いた時に脚柱からベースへの配線が見えそう・・・と、悩んだ末に両側をタイヤに挟まれる前脚にコネクタ状の配線を仕込む事にしました。
真鍮パイプに絶縁被覆を被せた真鍮線を通せば1本で何とかなりそうか?と気楽に取り組みましたが、抜き差しするので真鍮線は0.5mm程度の太さが無いと強度的に不安、それにビニールの被覆被せてパイプに通そうと思うと外径1mmのパイプがギリギリでした。
んで、キットパーツのオレオの径も約1mmと言う・・・(^^)
センターだけ慎重に位置出しして普通にピンバイスで脚柱を貫通しましたが、何とかマグレで横に逸れずに開けられました。
も〜所々肉厚が限界でプラが白化してモロモロになってますけど(j_j)


プラ板にエッチングの切れ端を曲げた端子を接着して点灯試験の図。
プラ板に貼ってある黄色いマスキングからベース内に埋め込まれる予定の部分です。
今回スペースには余裕が有るので電源は余裕の9V仕様。トグルスイッチもちゃんと付けました。
3.6VのオレンジLEDを2灯使うので抵抗が必要ですが、計算や配線やら面度臭いのでCRD(定電流ダイオード)なる便利な物を使いました。右下の方に見える白い四角いのがCRD抵抗です。
これを使えば12Vや4.5V電源でもそのまま差し替えで使えるそうです。


実は前回のカッティングシート製ノズルは、閉常態の物を無理矢理開状態に作図したのに気が付いて作り直しました。
実際はもう少し短い筈ですが、製作上の色々なシガラミで架空のノズルになってます(j_j)
ついでにノズル内側のモールドも適当にデータ作って切ってみました。
右側に写ってる奴が透過防止を兼ねてアルミテープを切り出し、それに貼ってみたものです。


頑張ってリベットも入れたし、ココだけ見ると144スケールとは思えない密度かも。ヾ(^o^;オイオイ・・・
後に塗装で塗り分けますが、先の方の細くなっている部分だけが実機では可動部で、リベットが入っている部分は固定部です。
キットのノズルパーツは閉常態なのに、なんで開状態に拘るのか?と言う所ですが、ワイヤーヒットした直後はもしもの再離陸に備えてフルパワーのハズ 、となればノズルは開と思い込んでましたが・・・資料見てると実際にはノズル絞ってる写真が多いみたい (j_j)
ま〜折角の電飾が良く見えるし迫力あるし・・・という事で自分を納得させてます。


内部のディテールも追加しつつ点灯テスツ・・・自己満度120%で、かなりカコイイです(^^)


引き続き胴体各所の工作・・・私の知る限り144スケールでは再現された事の無いベントラルフィンのNACAダクト、カウンタックの実車を見た事が有るだけでかなりイバれたスーパーカー世代としては、このNACAダクトは捨て置けぬポイントなので根性で彫ります。
ついでにスパローランチャーのフィンが入る溝なども彫込みました。スパローは付けない予定なので・・・
凹彫りには0.5mm幅のタングステン製、彫金用平ノミを使用。
もっと細いのが欲しいよぅ〜って言ったらZiMBaさんが良いツールの販売サイト教えてくれました。
こちらに有るのはタングステン製のタガネですが、なんと0.15mmより細いのまであります。


最新キットなのに分厚いインテイクリップ、モチロン薄々します。
なんせホーネットも敵わないマッハ2級の超音速機スからねぇ(^^)


ブリードエアのダクトもプラ板で作り直しました。
細かいトコですが実機では取付け面に垂直なのに、抜きの関係で平行四辺形になってますし・・・キットのモールドを削って奥側を彫込み、イエサブで買った極薄プラ板で製作。
その内側にある熱交換器のスリットは、何故か前後に2つモールドされているので、私にしては珍しく後ろの間違ったモールドをちゃんと埋めました。レベルさん、なんでこんなミスを?


着艦を再現しようとするとホトンドの可動箇所に手を入れないとなりません、着艦シーンって思ったより大変ですねぇ・・・
発艦シーンよりも地味てのはありますが、あまり皆が作らないのも判る気が・・・(^^)
イヤァ海軍機の魅力は着艦シーンでしょ!
・・・と言う持論に基づいてシコシコとエアブレーキをくり抜きプラ板で作り直し、内部の構造材もでっち上げます。
ついでに主翼も開にするので収納部のキャンバスシートもプラ板+瞬椄で隙間を埋めて整形が必要です。


下面側です。ヒンジは後で適当に作ります。
トムのエアブレーキは形状が複雑なので、後のプラ板工作よりも周りのモールドを痛めずにくり抜く方が何倍も大変です(j_j)


コクピットも適当にディテール追加して塗装完了。
キャンバス部が茶色に写ってますがこの後ウォッシングでダークグリーン系に染めて馴染ませてます。


ついでにVF-1は最初の配備部隊だけあって初期型が多く、さらなる追加工作が必要なのでした(j_j)
ビーバーテイルは何種類もありますが極初期型の台形平面に作り替えます。
実機はも少し中央が窪んだ形状ですがこの辺であきらめモードです。
他にも機首のチンポッド、バルカンのガス抜きスリットは言うに及ばず、塗装もかなり時期毎/機体毎に色々違ったりして、正確を期すなら作る機番と時期を決めてリサーチが必要なんですが・・・ま、ある程度雰囲気でやっちゃうつもりです。
ジツは今んトコ第一候補の101番機、ノズルがど〜も普通の機と違う様に見えて不安になってます。


オマケ。
ベースのその後・・・機体をチマチマ弄ってたら、ヒートペンのパッドアイモールドにも不満が出て来たので思い切ってペン先を作り直しました。
前回と同じく2mmの銅線の中心に0.3mmで穴を開け、薄いエッチングノコで放射状に切れ目を入れます。
今回はノコ目が細かすぎてプラ材は中々切れなかったWAVEのノコを使用。目の細かさが幸いして何とか極細の溝が切れました。


取り急ぎ前回の自作デッキの隅の方にテストモールド。
左側が新金型(笑)、右側が旧金型で、作り直しの甲斐あってかなりそれらしいモールドになったと思います(^^)
まぁコレやるって事は、またプラ板で一からデッキを作り直しなんですけどね・・・やりますとも。

胴体の方は概ね片付いたので、次回はいよいよ主翼のフラップダウン工作か?・・・と(^^)
それでは皆様、3週間後を楽しみにお待ち下さい<(_ _)>

公開日時: 2009年9月3日

Similar Posts:

  1. 植木職人
    2009 年 9 月 3 日 20:02 | #1

    どうも、お久です。
    何かまた物凄いコトやっちゃってますね!正直、あまりのカッコ良さにビックリだし読んでて楽しかったです。
    (私の場合モータ購入したはイイが仕込みの段階で四苦八苦です。電気とかモータとか難しいですね)

    あと、私も着艦シーンの方が好きですね。あのグググッって感じがイイです。向かって斜め前から見て止まる瞬間かなぁ。それで昼間の晴れてる日で!(何だそりゃ?)

  2. apuro
    2009 年 9 月 3 日 20:14 | #2

    なんスカ、このDアップ!!!!。
    スケールがワカリマセン!!。
    ああああ、おそるべし!!。

  3. 2009 年 9 月 3 日 22:16 | #3

    >植木職人さん
    ご無沙汰でしたぁ〜
    楽しんで頂けて幸いッス!
    ホントはクラッシュ紙一重、嵐の夜間着艦・・・にしたいんですけど、水しぶきでビッショリ濡らすのはかなり難しいから又の機会に(^^)
    ま〜迫力の発艦シーンてのもお約束で是非作りたいですけどね〜
    ロシアでさえ実用化を諦めた蒸気カタパルトのメカニズムもかなり興味深いですし(^^)

    >apuroさん
    久々なのにコメント感謝です!
    工具もパーツも文明の利器のオカゲさまッス m9(・∀・)ビシッ!!
    帰省の折りに25年前のMA誌など読みましたが、昔は限られた工具/素材で皆頑張ってたんやねぇ〜とシミジミ
    それでも当時ため息だった超絶作品は今見ても決して色褪せず、新たな発見がイロイロありました(^^)

  4. 植木職人
    2009 年 9 月 6 日 20:07 | #4

    そうだ!度々すいません。
    以前、ブラックバードの時の点いたり消えたりっていう光らせ方&仕組みはどの様にすればよろしいのですか?あと費用もどの位なのでしょう?やってみたいんですけどチンプンカンプンっすね!
    お時間があったら教えてください。

  5. 2009 年 9 月 6 日 23:22 | #5

    >植木職人さん

    点滅回路は中々これだ!てのが無くて苦労しますね。
    ただ点滅するだけじゃなくて、フラッシュライトっぽく一瞬だけピカっと点灯する回路が見つかりません。
    こうした理系の工作はハウツー記事見ても理解出来ないだす。お互い苦労しますねぇ(笑)
    私が使ったのは↓秋月電子さんで購入したキットですが、残念ながら現在は販売されていない様です・・・
    http://akizukidenshi.com/catalog/default.aspx

    キットのみで500円位だったと思いますが、確かストックしてありますのでご希望なら秋Pの時にでもお渡ししますヨ(^^) ちょっと点滅が早い回路なんですけど。
    一番簡単なのは自己点滅型のLEDを使う事ですが、これはLEDの中に極小チップが内蔵されてて電源に繋ぐだけで勝手に点滅します。色も各色出てますし、144にとってはスペース的にもかなり有利なんですが・・・問題はやはり点滅周期と点灯時間ですね。私も何種類か買ってみましたが、どうしてもクリスマスツリーの電飾を連想してしまって使うに至ってません。

    YF-12の点滅回路記事は↓デス。右上のカテゴリ選択からでも飛べます。
    http://ike.vivian.jp/wordpress/2007/10/led%E7%82%B9%E6%BB%85%E7%81%AF%E3%81%AE%E5%9B%9E%E8%B7%AF%E7%B5%84%E3%81%BF%E8%BE%BC%E3%81%BF.html

  6. 植木職人
    2009 年 9 月 7 日 19:02 | #6

    IKEさん、情報ありがとうございます。
    実はお聞きする前にブラックバードの記事を探したのですが辿り着けませんでした!
    なるほど、何やら私には高度過ぎるメカニズムなのですね。
    今回一応参加表明はしてありますがもしかしたらキャンセルになってしまうかも?(正直、ちょっとキビシイっす!)
    ですが、今回の私、飛行機チョットなのでせめて慣れない電気系におっ走った訳ですが・・・フレアーを諦め、火を吹いてるのを諦め、ペラしか回せないっす。学生時代もう少し学問に励むべきでした・・だって、女子の方が魅力的だったんだもん・・)
    自己点滅型ってのはチョットイイっすね。そそられます。私の場合クリスマスツリーで全然OK!(何故なら、作っている飛行機自体あんまり分かっていないから・・気分っすね、気分!)
    こりゃ、雰囲気&塗りで頑張るしかないっすね。ありがとうございました!

  1. トラックバックはまだありません。

Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes