aka) Author: Christian Davén Version: 2.0 Author URI: http://www.daven.se/usefulstuff/ */ # adds an options page to the options menu function SUP_add_options_page() { if(function_exists("add_options_page")) add_options_page("Smart Update Pinger", "Smart Update Pinger", 5, basename(__FILE__), "SUP_show_options_page"); } # shows the options page function SUP_show_options_page() { $ping = get_option("SUP_ping"); $uris = get_option("ping_sites"); $pingservicesnow = "今すぐ ping を送信!"; if(isset($_POST["ping"]) && $_POST["ping"] == $pingservicesnow) { SUP_log("手動で ping を送信中 ..."); SUP_ping_services(); } elseif(isset($_POST["submit"])) { $uris = $_POST["uris"]; $ping = 0; if($_POST["ping"] == 1) $ping = 1; update_option("SUP_ping", $ping); update_option("ping_sites", $uris); echo '

設定を保存しました.

'; } $checked = ''; if($ping == 1) $checked = 'checked="checked"'; echo '

ping 送信先のサーバ

以下に登録されている ping サーバへは記事を投稿する際,自動的に ping 送信や更新通知がなされます。WordPress が通常行うような,以前書いた記事の編集時ではありません

注意: このリストは オリジナルのアップデートサービスリストと同期します。.

複数サーバを登録する際は改行で URI を分けて下さい

Ping 送信ログ

このプラグインのログです(下に行くほど新しいログです)

'.SUP_get_last_log_entries(20).'

'; } # telling WordPress to ping if the post is new, but not if it's just been edited function SUP_ping_if_new($id) { global $wpdb, $post_title; if(get_option('SUP_ping') == 1 and get_option('ping_sites') != "") { # fetches data directly from database; the function "get_post" is cached, # and using it here will get the post as is was before the last save $row = mysql_fetch_array(mysql_query( "SELECT post_date,post_modified FROM $wpdb->posts WHERE id=$id")); # if time when created equals time when modified it is a new post, # otherwise the author has edited/modified it if($row["post_date"] == $row["post_modified"]) { if($post_title) SUP_log("Pinging services (new post: “".$post_title."”) ..."); else SUP_log("Pinging services (新規の記事の投稿) ..."); SUP_ping_services(); # Try commenting the line above, and uncommenting this line below # if pinging seems to be out of order. Please notify the author if it helps! # generic_ping(); } else { if($post_title) SUP_log("NOT pinging services (“".$post_title."” の設定が変更されました)"); else SUP_log("NOT pinging services (記事が編集されました)"); } } else SUP_log("NOT pinging services (管理者が ping 送信を無効にしています)"); } # More or less a copy of WP's "generic_ping" from functions.php, # but uses another function to send the actual XML-RPC messages. function SUP_ping_services() { $services = get_settings('ping_sites'); $services = preg_replace("|(\s)+|", '$1', $services); // Kill dupe lines $services = trim($services); if ( '' != $services ) { $services = explode("\n", $services); foreach ($services as $service) SUP_send_xmlrpc($service); } } # A slightly modified version of the WordPress built-in ping functionality ("weblog_ping" in functions.php). # This one uses correct extendedPing format (WP does not), and logs response from service. function SUP_send_xmlrpc($server = '', $path = '') { global $wp_version; include_once (ABSPATH . WPINC . '/class-IXR.php'); // using a timeout of 3 seconds should be enough to cover slow servers $client = new IXR_Client($server, ((!strlen(trim($path)) || ('/' == $path)) ? false : $path)); $client->timeout = 3; $client->useragent .= ' -- WordPress/'.$wp_version; // when set to true, this outputs debug messages by itself $client->debug = false; $home = trailingslashit( get_option('home') ); # the extendedPing format should be "blog name", "blog url", "check url" (whatever that is), and "feed url", # but it would seem as if the standard has been mixed up. it's therefore best to repeat the feed url. if($client->query('weblogUpdates.extendedPing', get_settings('blogname'), $home, get_bloginfo('rss2_url'), get_bloginfo('rss2_url'))) { SUP_log("- ".$server." への ping 送信が成功しました (拡張フォーマット)"); } else { # pinging was unsuccessful, trying regular ping format if($client->query('weblogUpdates.ping', get_settings('blogname'), $home)) { SUP_log("- ".$server." への ping 送信が成功しました"); } else { SUP_log("- ".$server." への ping 送信が失敗しました。 以下のエラーメッセージが返されました: “".$client->error->message."”"); } } } $post_title = ""; # Receives the title of the post from a filter below function SUP_post_title($title) { global $post_title; $post_title = $title; return $title; } # ----- # Log stuff $logfile = ABSPATH."wp-content/smart-update-pinger.log"; # for debugging function SUP_log($line) { global $logfile; $fh = @fopen($logfile, "a"); @fwrite($fh, strftime("%D %T")."\t$line\n"); @fclose($fh); } function SUP_get_last_log_entries($num) { global $logfile; $lines = @file($logfile); if($lines === false) return "Error reading log file (".$logfile."). This could mean that the wp-content directory is write-protected and no log data can be saved, that you have manually removed the log file, or that you have recently upgraded the plugin."; else { $lines = array_slice($lines, count($lines) - $num); $msg = ""; foreach($lines as $line) $msg .= trim($line)."
"; return $msg; } } # ----- # adds a filter to receive the title of the post before publishing add_filter("title_save_pre", "SUP_post_title"); # adds some hooks # shows the options in the administration panel add_action("admin_menu", "SUP_add_options_page"); # calls SUP_ping whenever a post is published add_action("publish_post", "SUP_ping_if_new"); # calls SUP_ping_draft when changing the status from private/draft to published # add_action("private_to_published', 'SUP_ping_draft'); # removes the "WordPress official" pinging hook remove_action("publish_post", "generic_ping"); # activates pinging if setting doesn't exist in database yet # (before the user has changed the settings the first time) if(get_option("SUP_ping") === false) { update_option("SUP_ping", 1); } ?> Ta152大詰め?ベースだけは完成した模様・・・ | 空IKE飛行機! Blog
ホーム > Ta-152H-1 JG301 > Ta152大詰め?ベースだけは完成した模様・・・

Ta152大詰め?ベースだけは完成した模様・・・

2008 年 11 月 22 日 コメントをどうぞ コメント

さてTa-152の製作記、展示会まで間もないので溜まった撮影画像を駆け足で・・・(^^)

まずはターンテーブルのスイッチ
デフォルトだと背面の電池出し入れがスイッチになってますが、展示ベースとした場合ON-OFFは表側から操作したいので、エッチングの切れ端と真鍮パイプで接点を作り、虫ピンを通す事で通電させる仕組みとしました。
↓画像だと小さくて判りにくいですが裏面から

ベース側は実際の操作レバー風にする訳です(^^)
虫ピンは差し込むだけなので左右には動きません。
実物はきっとこのレバーで回転方向を切り替えるのでしょうが・・・

脚カバーは凝った事に脚柱とタイヤ部分を別パーツで作ってあります。
何考えてたんでしょね昔の私わ?
ま〜144スケールではこんなコトしてもほぼ意味がないのでハンダを流し込んで接着しました。
後々ヒネリ具合とか調節する時に剥がれるのを防止する為でもありますが、さすがハンダ付け・・・強度的にはバッチリです。

コクピット廻り、シートはプラッツのパーツをまんま使い、ベルトは又してもマスキングテープの細切りです。
キャノピー開けるのでヘッドレストも後退位置に固定しました。
0.3mm真鍮線でキャノピーフレーム代わりのガイドを埋め込みましたがちょっとゴツイかも・・・

方角表示板や角度目盛りはデータ作成して自作デカールで・・・
いつものMYK製クリアデカールです。
右側の白ベタ印刷は適当な径のナナコ(○リベット打ちツールね)でくり抜いてキャノピーの乾燥カプセルに・・・と思いましたが、小さ過ぎて貼れませんでした orz

んで、仕方なくキャノピー表側に原寸側面図をテープで止め、内側から面相筆でカプセルを描いてやりました。
何度か失敗したけどすぐに拭き取って再挑戦出来るので中々良い方法と思います。
画像だと良く見えませんけどね・・・(j_j)
その後はいつもの様にFutureにドブ漬けコーティングしました。

回転台の塗装・・・鉄板?部分は写真だと結構明るめのグレーに見えるのでその様に。
廻りの縁石はクレオスのスーパーフラットブラックを厚めに吹いてテクスチャを付けました。
スーパーフラットブラック、買った時は粒子が粗過ぎて使い物にならんわい!と思いましたが、144クラスの情景スプレー替わりには使える様です。
乾燥後は表面もかなり頑丈なのでピンセットで少々引っ掻いてもキズにはなりません。

今回のオーディションを通過した人たち・・・
WCCのオマケが2体とお馴染みPreiserの米陸軍兵x2。
WCCのは明らかにディテールが劣りますが顔だけ移植したり、空軍パンツの太ももポッケをメタルックで作ったりで何とかそれらしくしたつもり・・・
Preiserだとロングコートのフィギュアが無いですからねぇ。

ベースの方はデカール貼って、粉も色々撒いて汚し入れたのでほぼ完成・・・
方角表示は全部貼るとうるさいので端折りました。
角度表示もここまで沢山無いんだろうなぁ・・・と思いつつ。
あとは機体のスジ彫り修復&追加と塗装が待ってます。

ま〜万一展示会に機体が間に合わなかったらD-9とか乗っけとけば良いかって算段もあったりして(笑)

ところで262やウーフーみたいな前脚式の機体の場合はどうやって調整したんでしょね?
尾輪式みたいに後傾してないからそのままでも調整可能だったのか?とも思いますが・・・

Similar Posts:

  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。

Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes