aka) Author: Christian Davén Version: 2.0 Author URI: http://www.daven.se/usefulstuff/ */ # adds an options page to the options menu function SUP_add_options_page() { if(function_exists("add_options_page")) add_options_page("Smart Update Pinger", "Smart Update Pinger", 5, basename(__FILE__), "SUP_show_options_page"); } # shows the options page function SUP_show_options_page() { $ping = get_option("SUP_ping"); $uris = get_option("ping_sites"); $pingservicesnow = "今すぐ ping を送信!"; if(isset($_POST["ping"]) && $_POST["ping"] == $pingservicesnow) { SUP_log("手動で ping を送信中 ..."); SUP_ping_services(); } elseif(isset($_POST["submit"])) { $uris = $_POST["uris"]; $ping = 0; if($_POST["ping"] == 1) $ping = 1; update_option("SUP_ping", $ping); update_option("ping_sites", $uris); echo '

設定を保存しました.

'; } $checked = ''; if($ping == 1) $checked = 'checked="checked"'; echo '

ping 送信先のサーバ

以下に登録されている ping サーバへは記事を投稿する際,自動的に ping 送信や更新通知がなされます。WordPress が通常行うような,以前書いた記事の編集時ではありません

注意: このリストは オリジナルのアップデートサービスリストと同期します。.

複数サーバを登録する際は改行で URI を分けて下さい

Ping 送信ログ

このプラグインのログです(下に行くほど新しいログです)

'.SUP_get_last_log_entries(20).'

'; } # telling WordPress to ping if the post is new, but not if it's just been edited function SUP_ping_if_new($id) { global $wpdb, $post_title; if(get_option('SUP_ping') == 1 and get_option('ping_sites') != "") { # fetches data directly from database; the function "get_post" is cached, # and using it here will get the post as is was before the last save $row = mysql_fetch_array(mysql_query( "SELECT post_date,post_modified FROM $wpdb->posts WHERE id=$id")); # if time when created equals time when modified it is a new post, # otherwise the author has edited/modified it if($row["post_date"] == $row["post_modified"]) { if($post_title) SUP_log("Pinging services (new post: “".$post_title."”) ..."); else SUP_log("Pinging services (新規の記事の投稿) ..."); SUP_ping_services(); # Try commenting the line above, and uncommenting this line below # if pinging seems to be out of order. Please notify the author if it helps! # generic_ping(); } else { if($post_title) SUP_log("NOT pinging services (“".$post_title."” の設定が変更されました)"); else SUP_log("NOT pinging services (記事が編集されました)"); } } else SUP_log("NOT pinging services (管理者が ping 送信を無効にしています)"); } # More or less a copy of WP's "generic_ping" from functions.php, # but uses another function to send the actual XML-RPC messages. function SUP_ping_services() { $services = get_settings('ping_sites'); $services = preg_replace("|(\s)+|", '$1', $services); // Kill dupe lines $services = trim($services); if ( '' != $services ) { $services = explode("\n", $services); foreach ($services as $service) SUP_send_xmlrpc($service); } } # A slightly modified version of the WordPress built-in ping functionality ("weblog_ping" in functions.php). # This one uses correct extendedPing format (WP does not), and logs response from service. function SUP_send_xmlrpc($server = '', $path = '') { global $wp_version; include_once (ABSPATH . WPINC . '/class-IXR.php'); // using a timeout of 3 seconds should be enough to cover slow servers $client = new IXR_Client($server, ((!strlen(trim($path)) || ('/' == $path)) ? false : $path)); $client->timeout = 3; $client->useragent .= ' -- WordPress/'.$wp_version; // when set to true, this outputs debug messages by itself $client->debug = false; $home = trailingslashit( get_option('home') ); # the extendedPing format should be "blog name", "blog url", "check url" (whatever that is), and "feed url", # but it would seem as if the standard has been mixed up. it's therefore best to repeat the feed url. if($client->query('weblogUpdates.extendedPing', get_settings('blogname'), $home, get_bloginfo('rss2_url'), get_bloginfo('rss2_url'))) { SUP_log("- ".$server." への ping 送信が成功しました (拡張フォーマット)"); } else { # pinging was unsuccessful, trying regular ping format if($client->query('weblogUpdates.ping', get_settings('blogname'), $home)) { SUP_log("- ".$server." への ping 送信が成功しました"); } else { SUP_log("- ".$server." への ping 送信が失敗しました。 以下のエラーメッセージが返されました: “".$client->error->message."”"); } } } $post_title = ""; # Receives the title of the post from a filter below function SUP_post_title($title) { global $post_title; $post_title = $title; return $title; } # ----- # Log stuff $logfile = ABSPATH."wp-content/smart-update-pinger.log"; # for debugging function SUP_log($line) { global $logfile; $fh = @fopen($logfile, "a"); @fwrite($fh, strftime("%D %T")."\t$line\n"); @fclose($fh); } function SUP_get_last_log_entries($num) { global $logfile; $lines = @file($logfile); if($lines === false) return "Error reading log file (".$logfile."). This could mean that the wp-content directory is write-protected and no log data can be saved, that you have manually removed the log file, or that you have recently upgraded the plugin."; else { $lines = array_slice($lines, count($lines) - $num); $msg = ""; foreach($lines as $line) $msg .= trim($line)."
"; return $msg; } } # ----- # adds a filter to receive the title of the post before publishing add_filter("title_save_pre", "SUP_post_title"); # adds some hooks # shows the options in the administration panel add_action("admin_menu", "SUP_add_options_page"); # calls SUP_ping whenever a post is published add_action("publish_post", "SUP_ping_if_new"); # calls SUP_ping_draft when changing the status from private/draft to published # add_action("private_to_published', 'SUP_ping_draft'); # removes the "WordPress official" pinging hook remove_action("publish_post", "generic_ping"); # activates pinging if setting doesn't exist in database yet # (before the user has changed the settings the first time) if(get_option("SUP_ping") === false) { update_option("SUP_ping", 1); } ?> 1/144 飛龍甲板 プラ板カッティング加工例 | 空IKE飛行機! Blog
ホーム > 素材&工具編 > 1/144 飛龍甲板 プラ板カッティング加工例

1/144 飛龍甲板 プラ板カッティング加工例

2008 年 8 月 12 日 コメントをどうぞ コメント

いや、今年はホント毎日暑いですね・・・
そろそろお盆休みの方もおいでかと思いますが、私は先週お盆終えたのであとは仕事のみです(j_j)
といっても割と暇なのですが(笑)

実は先日、P144にもディーラー参加されている小型模型研究会所属、KAMEYAさんから1/144スケールの飛龍のDXFデータを頂きました。
元々はKAMEYAさんでアクリルをレーザー加工して商品化予定の物なのですが、
私の知り合いの加工屋さんで見積りを取って欲しいと頼まれた際、見積り結果は別として、折角データがあるならワシのカッティングマシンで試しに切ってみたろやないけぇ〜と言う事で、データ提供者からは快く了解頂きましたので結果をレポしてみます(^^)
まずはデータの全体図、甲板7パーツ+小物1組ありますが甲板のみの図です。

ま〜材料的にはでっかいアクリル板もあるので、甲板全体を1ピースで加工も出来るのですが、運搬や販売を考えると分割が現実的ですよね(^^)
こいつをIllustratorで開いてテスト用に甲板の一部だけ繋げたり削ったりしてタミヤのプラ板に収まるサイズに加工し、カッティングマシンでモールドを入れてみると言う作戦です。
モールドと言ってもソコはカッティングマシン、単にプラ板にカッターナイフで切れ目を入れるのと変わりないのですが、正確な位置に同じ強さで時間有る限り飽きる事なく切れ目を入れる事が出来るのが機械の強みってコトで・・・
模型用のレーザー加工機ならもちろん綺麗な凹線が入りますけどね(^^)
で、カットしてみた結果が↓コレです。

実データが500kb程度と、カッティングデータにしては結構重い事も有り、カット開始から終了まで1時間強かかりました。
も少し厚いプラ板だと多少はマシになると思いますが、今回使用した0.3mm厚だとモールドが混んでいる箇所は結構波打っちゃってます。
本来精密なカットをする時は線の始点/終点の調整が必要なのですが、今回はテストと言う事もあり受け取ったデータそのままなので、一部平行になるべき線がうねったり直角が出てない部分もありますが、当初の想像以上に綺麗なモールドが入っていました。
カッターで切れ目を入れる為、スジ彫りの両脇がマクレますが、スベリ止めの部分等は却ってそれらしい感じになってます。
マクレをペーパーで均してしまうと、残る凹線があまりに繊細で塗膜で埋まりそうなので、そのままラッカー系のグレー薄くスミイレしてみました。

↓拡大図です

ま、要する加工時間からして量産には向きませんし、モノが平面なだけにプリンタ出力やデカールに比べてどれほどのアドバンテージが有るか判断に困りますが、今後何か良いアイデアが浮かべばこの手を使ってみようと思ってます。
飛龍の144甲板がどしてもホスイ!と言う方やプラ板カッティングの良い利用法を思いついた方は是非とも教えて下さいまし・・・(^^)

Similar Posts:

  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。

Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes